2019年モデル「日立の冷蔵庫が革命的」R-KX57・R-KW57

冷蔵庫

どーも。家電男児です。

 

今回は2019年3月に発売されたHITACHI(日立)の冷蔵庫R-KX57K / R-KW57Kの機能に衝撃を受けたため紹介していきます。

 

どんな機能が搭載されているのでしょうか?

今までの冷蔵庫と決定的に違う点を2つ紹介していきます。

※画像はすべてメーカーに許可を得て掲載しております。

日立のぴったりセレクト

冷蔵・野菜・冷凍を自分でアレンジ

出典:https://kadenfan.hitachi.co.jp

下の2段を冷蔵室・野菜室・冷凍室を自分で決めれちゃうんです。

生活スタイルに合わせてアレンジすることがでるため、使いやすい。

出典:https://kadenfan.hitachi.co.jp

例えば、両方とも冷凍庫にもできます。

冷凍庫を良く使用される家庭にはとても助かります。

 

保存に優れた冷蔵庫に大変身。

でも、野菜はどこに保存するの?

心配いりません。

出典:https://kadenfan.hitachi.co.jp

最上段を「まるごとチルド」で野菜も保存できるようになるんです。

細かなことかもしれませんが、心遣いも埋め込まれています。

出典:https://kadenfan.hitachi.co.jp

下の引き出しを冷蔵室、2段目を冷凍室にもできます。

お酒などよく飲まれる方に重宝されそうですね。

スタンダードに近い形。

出典:https://kadenfan.hitachi.co.jp

下の引き出しを冷凍室、2段目を野菜室にもできます。

毎日の料理で野菜を取り出すのにしゃがむのは結構しんどい。

特に膝が痛い、腰が痛い方にはとても助かります。

 

こんな風に切り替えることができます。

一度いろんなバリエーションを試して、一番使いやすい設定で使用できます。
気分を変えたいときにも変更しちゃえば新しい気分で料理ができます。

こんな使い方でもいいと思います。

 

「冷蔵庫にこんな設定があったらいいな」って思っていた方は多いと思います。

そんな願いを叶えた製品です。

日立の特鮮氷温ルーム 

真空チルドが消えた

日立の冷蔵庫といえば、真空チルドでしたが、

今回からチルドルームが「特鮮氷温ルーム」に大変身。

 

出典:https://kadenfan.hitachi.co.jp

凍らせない約-1℃を保つ機能となっており、鮮度を長く保ち、乾燥を抑えてくれます。

刺身で約3日間、肉・魚は約7日間鮮度を保ってくれます。

 

「ラップがいらない時代がついに来たのか。」

冷気を直接当てないように作られているため乾燥しづらい。

 

ルーム自体がラップ代わりの役割を担っている。

手間も省けますし、ちょっとした節約にもなりますね。

【まとめ】「R-KX57K」「R-KW57K」

HITACHI(日立)の冷蔵庫R-KX57 / R-KW57の発売予告を受けて、驚きました。

「ぴったりセレクト」は他のメーカーも今後、取り入れてきそうな機能ですね。

 

各家庭によってアレンジできることのメリットは計り知れない。

かなりの話題性と需要があると思います。

 以上、家電男児でした。

最後までご閲覧ありがとうございました。

スポンサーリンク

Amazonでお得にお買い物をする裏技をご紹介

近年、通販で家電を購入される方が多くなっています。

そこで、大手通販会社Amazonでお得にお買い物ができる方法をご紹介します。

 

方法はとっても簡単です。

Amazonで商品を購入する前に、「Amazonギフト券」を先にチャージしてから、商品をチャージした金額から購入するとお得になります。

 

どんな利益があるのか?

ギフト券を購入するだけで、今なら最大2.5%ものポイントをゲットできます。

さらに、そのギフト券を使用して商品を購入してもポイントがもらえます。

 

Amazonギフト券の購入画面はこちらへ。

アマゾンギフト券をチャージする

 

さらにアマゾンプライム会員だとさらに利率がアップ。 まずは、アマゾンプライム会員になってからAmazonギフト券をチャージしましょう。 初めての方でも安心できる30日間の無料体験も実施しています。  

アマゾンプライム会員についてはこちらから。

【公式】アマゾンプライム
冷蔵庫
家電男児をフォローする
家電男児のおすすめ

コメント