スポンサーリンク

【今さら聞けない】4Kテレビとは?8Kテレビとは?違いを解説。

テレビ

どーも。家電男児です。

 

テレビを選ぶ際に4Kや8Kって耳にされたことあると思います。

でも、実際になぜ4Kテレビや8Kテレビって呼ばれているのかご存じでしょうか?

 

なかなか人には聞きづらいかもしれませんので、今回は4K・8Kテレビについて解説していきます。

4Kテレビ・8Kテレビの定義とは?

そもそも4Kテレビが出る前って何テレビだったの?って思う方が多いと思います。

答えは、フルハイビジョン(2Kテレビ)です。

 

あーそれなら聞いたことがある!じゃあそれって具体的に、なにが違うの…?。

それは簡単に言うと、画素数です!

よくデジタルカメラ等で聞く画素数です。

 

テレビの画面には色の情報を持った点(画素)がとても多くあるんです。

その点の数が画素数となります。

 

例えば、100万画素であれば、そのテレビの中に100万個の点があるということ。

その点が多ければ多いほど画素数が多い=鮮明に映像が映るってことになります。

テレビの画質の違いは?

では、ハイビジョン(HD)・フルハイビジョン(フルHD)・4K・8Kこの4種類について説明していきますね。

ハイビジョンテレビ

ハイビジョンテレビは現在の地デジで見られる画質です。

画素数は1440(横)×1080(縦)の約150万画素となっています。

 

フルハイビジョンテレビ

フルハイビジョンテレビは2Kテレビともいわれています。ブルーレイで見られる画質です。

画素数は1920×1080の約200万画素となっています。

 

4Kテレビ

画素数は驚異の3840×2160の約800万画素となっています。

テレビは結構普及されていますが、地デジではいつ放送されるでしょうか…。

 

8Kテレビ

画素数は7680×4320の約3300万画素となっています。4Kテレビの4倍!

8Kテレビが本領発揮するのはいつになることやら。

東京オリンピックまでに本当に地デジ放送されるのか?

画素数と画質の関係性

ひととおり簡単な説明が終わりましたがなぜ4K、8Kと言われるのかお気づきの方はいらっしゃると思いますが。

そう、「横軸の画素の数」なんですね!

 

フルハイビジョンでは横1920個の画素があり、約2000個としています。

1000の値は距離では1000mを1kmとなりますよね。

重さでは1000gを1kgという流れです。キロ=Kなので、2Kテレビと呼ばれています。

 

4Kテレビは横3840個の画素を約4000個で4K。

8Kテレビでは横7680個の画素を約8000個で8K。

と、いうことになります。

【まとめ】4Kテレビと8Kテレビ

まとめ

・4K、8Kテレビの定義は画素数
・横軸の画素の数で言い方が変わる
・4Kテレビは横3840画素=4K

8Kテレビになると3300万画素…。

美しさ、鮮明さが格段に違ってくるでしょう。

今後のテレビ業界の発展がとても楽しみです。

 

以上、家電男児でした。

最後までご閲覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

Amazonでお得にお買い物をする裏技をご紹介

近年、通販で家電を購入される方が多くなっています。

そこで、大手通販会社Amazonでお得にお買い物ができる方法をご紹介します。

 

方法はとっても簡単です。

Amazonで商品を購入する前に、「Amazonギフト券」を先にチャージしてから、商品をチャージした金額から購入するとお得になります。

 

どんな利益があるのか?

ギフト券を購入するだけで、今なら最大2.5%ものポイントをゲットできます。

さらに、そのギフト券を使用して商品を購入してもポイントがもらえます。

 

Amazonギフト券の購入画面はこちらへ。

アマゾンギフト券をチャージする

 

さらにアマゾンプライム会員だとさらに利率がアップ。 まずは、アマゾンプライム会員になってからAmazonギフト券をチャージしましょう。 初めての方でも安心できる30日間の無料体験も実施しています。  

アマゾンプライム会員についてはこちらから。

【公式】アマゾンプライム
テレビ
家電男児をフォローする
スポンサーリンク
家電男児のおすすめ

コメント