【保存容量がハンパない】パナソニック全自動ディーガDMR-4X1000

レコーダー

どーも。家電男児です。

 

パナソニックから保存容量が10TB搭載のレコーダーが2020年3月13日より発売された。

【パナソニック】4Kチューナー内蔵

全自動ディーガ「DMR-4X1000」

 

今回発売されるレコーダーは、保存容量が大容量であること、チューナー数が多いことに特化されています。

東京オリンピックの時期に合わせた仕様と言ってもいいだろう。

 

また、テレビ番組を見逃したくないという方におすすめのレコーダーである。

この「DMR-4X1000」について詳しく解説していき、ユーザーにとってどんなメリットがあるのか考えていきたい。

 

ちなみに、もう1機種が同時発売された「DMR-4X600」。

こちらは、チューナー数7チューナーで、容量が2TBのモデルだ。

画像出典:パナソニック

スポンサーリンク

【保存容量がハンパない】パナソニック全自動ディーガ「DMR-4X1000」

「DMR-4X1000」の注目する点は、容量とチューナーにある。

まず、どのくらいの容量なのか?チューナーの数が多いとどうなのか?という疑問にお答えしていく。

大容量の10TB

レコーダーに10TB(テラバイト)も搭載されているものは、私が調べたところありませんでした。

そのくらい大容量なのです。

 

10TBって実際どのくらい録画できるの?

地上デジタル放送をそのままの画質で録画しようとすると、一般的には1TBで約128時間くらいとされています。

10TBなので、その10倍の約1280時間も録画することができます。

 

そのままの画質で録画される方は、あまりいないでしょう。

大半の方は、画質を少し落として録画されていると思います。

そう考えると、画質を抑えることで何千時間も録画することができるのです。

 

11チューナー内蔵=最大11チャンネル同時録画

最大で11チャンネルを同時録画することもできます。

とはいえ、どんなチャンネルもできるわけではありません。

詳しく見ていくと、

BS4K・110度CS4K・地上・BS・110度CSチューナー:2チューナー
地上・BS・110度CSチューナー:4チューナー
地上専用チューナー:5チューナー

「新4K衛星放送」は2番組まで同時録画できます。

地上デジタル放送に関しては、ほぼ全ての番組を同時に録画することができるのです。

 

加えて、テレビに4Kチューナーが内蔵されていなくても、視聴や録画ができるので安心してください。

 

それでは、もう少し「DMR-4X1000」の機能についてみていきましょう。

録画予約なしで、約1ヶ月分の番組を自動録画

10TBもの大容量なHDDを搭載しているので、それをうまく活用する機能が搭載されています。

それが、約1ヶ月分ものテレビ番組を保存してくれる機能です。

 

自動で録画してくれるところがポイントで、「録画するのわすれちゃった~」ってことがなくなります。

見たかったドラマ、バラエティー番組、アニメなど録り忘れがありません。

 

とはいえ、それだけの番組を録画しておくと、見たい番組を見つけ出すことが大変じゃないの?って思いますよね。

それが、とっても簡単に見つけることができるのです。

 

チャンネル録画した番組を自動でジャンルやシリーズごとに整理してくれる「新着番組」欄を作成してくれているのです。

だから、見たい番組をすぐに視聴することができ、ストレスフリー。

 

テレビ好きの方におすすめな機能となっています。

スポンサーリンク

「新4K衛星放送」のチャンネル録画対応

新4K衛星放送のチャンネルも4Kのまま録画することができます。

新4K衛星放送の中でお気に入りのチャンネルを登録しておくことで、24時間×13日分を自動で録画してくれます。

4K画質のままなので、かなりの容量を使います。

しかし、13日を過ぎると自動で消去してくれ、また新しい番組を録画し続けてくれます。

その他にも「4K 8~12倍録モード」という機能があり、これは4Kの映像を長時間録画保存できるように、自動で少し画質を落とし、容量を小さくする機能です。

 

これには、ちょっとしたポイントがあり、ドラマなどの動きが少ないような番組は画質を大きく下げ、動きの激しいスポーツ番組は画質をあまり下げないようにします。

 

これを自動で調整してくれるのが、ディーガ「DMR-4X1000」のすごいところ。

また、新4K衛星放送を画質そのままにブルーレイディスクへのダビングすることが可能となっている。

もちろん、4K長時間録画モードで録画した番組もブルーレイディスクにダビングすることもできます。

 

長時間録画モードで録画した方が、ダビングできる時間が長くなるので、1枚にたくさん詰め込みたい方には、少し画質を下げてダビングすることをおすすめします。

 

その他、USBハードディスク(別売)への動画ダビングにも対応が可能。

【まとめ】全自動ディーガ「DMR-4X1000」

少し、マニアックな内容だったかもしれませんが、理解できたでしょうか?

最後にパナソニック「全録」ディーガDMR-4X1000のご紹介した内容をまとめます。

・録画できる容量が10TBと大容量
・11チューナー内蔵で11番組同時録画が可能
・1ヶ月分の番組を自動録画
・ジャンル別に分けられて探しやすい
・新4K衛星放送は13日分を自動録画
・テレビ好きにおすすめ

東京オリンピックが開催される時期に重宝されるレコーダーだと思います。

オリンピックは、様々なチャンネルで時間帯もバラバラなので、いちいち予約するのは面倒ですよね。

 

そんなときに、全チャンネルを全て録画しておけば、見落とすことなく視聴することができます。

見逃さないレコーダーであると言える。

以上、家電男児でした。

最後までご閲覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

Amazonでお得にお買い物をする裏技をご紹介

近年、通販で家電を購入される方が多くなっています。

そこで、大手通販会社Amazonでお得にお買い物ができる方法をご紹介します。

 

方法はとっても簡単です。

Amazonで商品を購入する前に、「Amazonギフト券」を先にチャージしてから、商品をチャージした金額から購入するとお得になります。

 

どんな利益があるのか?

ギフト券を購入するだけで、今なら最大2.5%ものポイントをゲットできます。

さらに、そのギフト券を使用して商品を購入してもポイントがもらえます。

 

Amazonギフト券の購入画面はこちらへ。

アマゾンギフト券をチャージする

 

さらにアマゾンプライム会員だとさらに利率がアップ。 まずは、アマゾンプライム会員になってからAmazonギフト券をチャージしましょう。 初めての方でも安心できる30日間の無料体験も実施しています。  

アマゾンプライム会員についてはこちらから。

【公式】アマゾンプライム
レコーダー
家電男児をフォローする
家電男児のおすすめ

コメント