スポンサーリンク

時短できます。レグザブルーレイレコーダー

おすすめデジタル家電

どーも。家電男児です。

今回はTOSHIBAレグザのブルーレイレコーダーについて紹介していきます。

レグザのブルーレイレコーダーはとことん「時短」に特化しております。

仕事や家事や子育てに追われている方が多く、なかなかゆっくりテレビを見る時間が無いと思います。

そんな方におすすめしたい商品です。

レグザのブルーレイレコーダーの特徴は、

 

スポンサーリンク

時短で見る

通常再生、らく見、楽早見、飛ばし見の4種類の再生モードが備わっています。

通常再生:約54分

らく見:CMを飛ばして見る約45分(おすすめ)

楽早見:らく見+1.3倍速で再生約34分(おすすめ)

飛ばし見:らく見を20分割し15秒再生+スキップ約5分

飛ばし見は見てるのかどうか分からないくらいですね。長時間番組では使用できそうですけどね。

らく見からく早見だと内容も把握でき、ストレスも少なく視聴できそうですね。

 

時短で残す

通常録画した番組を時短でディスクに残せる。

これはとてもありがたい機能です。僕もよくディスクに保存するのですが、CMをカットして保存しています。これが結構手間と時間がかかります。この機能は本当におすすめです。時短できます。

 

スポンサーリンク

時短で録る

タレントの名前やジャンル、キーワードを設定しておくだけで関連する番組を自動で録画してくれる機能です。

この機能は各メーカーにもありますね。

時短で探す

時短で探す人物リスト検索機能で録画した番組の中から見たい人物の出演番組をすぐに探せる機能です。

見たい録画番組を探すのが面倒と思う方やたくさん録画番組をためてしまう方におすすめの機能です。

 

スポンサーリンク

タイムシフトマシン

録画したい番組を探して予約する時間、録画した番組を視聴した後その番組を削除する時間や手間を解決する機能です。

自動でまるごと録画してくれてて過去の番組表から選択するだけで視聴することが可能です。それも古い番組から順に自動で削除してくれます。

録画し忘れたと思うことが無くなります。録画してくれているという安心感もありますね。楽で時短できます。

 

スマホでも時短

 

「スマホdeレグザ」というアプリをインストールすることで、スマホから視聴可能です。スマホでも時短で視聴もできます。

スマホに録画番組を持ち出すことも可能で、外出先でも通信環境が不安定な場所でも視聴できます。

タイムシフトマシンの過去番組表も連携可能です。

リモコン機能にもなりますし、小型テレビのような機能にもなりますね。

 

TOSHIBAレグザブルーレイレコーダー「タイムシフトマシン搭載モデル」

①DBR-M4008

容量:4TB

タイムシフトマシン録画可能日数:6チャンネル/最大約15日間

フルハイビジョン長時間録画:最大約4374時間

 

DBR-M2008

容量:2TB

タイムシフトマシン録画可能日数:6チャンネル/最大約7日間

フルハイビジョン長時間録画:最大約2181時間

 

スポンサーリンク

家電男児の一言

TOSHIBAレグザブルーレイレコーダーは機能が多すぎずシンプルな使用のため、そこまでこだわっていない方、機械類の操作が苦手で使いこなせないだろうと思う方、時間に日々追われている方にはおすすめな商品といえるでしょう。

 

以上、家電男児でした。

最後までご閲覧ありがとうございました。

 

他のメーカーのブルーレイレコーダーについても詳しく説明してあるのでぜひ比較してみてください。

おうちクラウドディーガ

先録がおすすめソニーのブルーレイレコーダー

AQUOS4Kレコーダー~シャープ~

スポンサーリンク

Amazonでお得にお買い物をする裏技をご紹介

近年、通販で家電を購入される方が多くなっています。

そこで、大手通販会社Amazonでお得にお買い物ができる方法をご紹介します。

 

方法はとっても簡単です。

Amazonで商品を購入する前に、「Amazonギフト券」を先にチャージしてから、商品をチャージした金額から購入するとお得になります。

 

どんな利益があるのか?

ギフト券を購入するだけで、今なら最大2.5%ものポイントをゲットできます。

さらに、そのギフト券を使用して商品を購入してもポイントがもらえます。

 

Amazonギフト券の購入画面はこちらへ。

アマゾンギフト券をチャージする

 

さらにアマゾンプライム会員だとさらに利率がアップ。 まずは、アマゾンプライム会員になってからAmazonギフト券をチャージしましょう。 初めての方でも安心できる30日間の無料体験も実施しています。  

アマゾンプライム会員についてはこちらから。

【公式】アマゾンプライム
おすすめデジタル家電
家電男児をフォローする
スポンサーリンク
家電男児のおすすめ

コメント