スポンサーリンク

Iotとは?【子供でも簡単に分かりやすく解説します】

家電の知識

どーも。家電男児です。

 

最近、家電を調べたり、購入するときに「Iot(アイオーティー)」という言葉を耳にしませんか?

意外と知らない方が多いです。

 

IoTが普及されてきていますので、今後もIotと聞かれる場面が多くあると思います。

なので、誰にでも分かりやすいように説明していきます。

Iotとは?【子供でも簡単に分かりやすく解説します】

「Iot」とは、(Internet of Things)直訳するとモノのインターネットという意味です。

 

これだけ聞いても意味分からないですよね。

 

要するに、モノがインターネットを経由して通信することを意味します。

家電製品がインターネットを通してより便利になったのです。

 

パソコンやスマホで考えると分かりやすいと思います。

パソコンやスマホはインターネットに接続されて使用しますよね。

家電製品もインターネットに接続して使用できるってことなんです。

 

最近家電製品でスマート○○って言われていますよね。

・スマート家電

・スマートフォン

・スマートスピーカー

・スマートウォッチ

など、スマート○○ってつくのがIoTが搭載されていると考えてもらえば大丈夫です。

 

例えば分かりやすいものでいうと、今流行のスマートスピーカーが代表的なものになります。

スマートスピーカーとは、「OKグーグル ○○して」「アレクサ ○○を教えて」などで有名な音声操作に対応したAIアシスタント機能を持つスピーカーのことです。

 

スマートスピーカーで「電気を消して」と言うと電気が消えます。

それは、照明器具がインターネットと接続しているからできるものです。

 

 

もう1つ例えを出すと、ブルーレイレコーダーが1台リビングにあるとします。

そのブルーレイレコーダーに録画されている番組を自分の部屋のテレビと接続することで見ることができるのもIoTが搭載されているからなのです。

IoTでなにができるのか?

IoTでできる便利な役割は大きく3つに分類されています。

・遠隔操作
・モノの状態を把握
・モノ同士の連携

 

iotはこんな流れで動いています。

①人やセンサーから情報を収集
②収集した情報をAIで分析、ユーザーに情報を転送
③分析した結果、最適な行動をする

 

実際にどんな役割をしているのか、深掘りしてみていきましょう。

 

IoTで遠隔操作

遠隔操作では主に2種類の使用の仕方があります。

1つ目は、家の中で家にある家電ををリモコン操作のようにするもの。

声で操作したり、スマホで操作する。

 

2つ目は、外出先で家にある家電を操作するもの。

スマホで操作するのが一般的。

 

例えば、

・洗濯機をスマホで操作して予約運転をする

・お掃除ロボットを起動する

・番組を録画する

など、家からでも外出先からでもできる。

とても便利な機能です。

 

IoTでモノの状態を把握

家電から情報をユーザーに伝える。

家にある家電がセンサー等を利用して「今こんな状態ですよ」って教えてくれるもの。

 

例えば、

・空気清浄機が「今部屋の空気がどのくらい汚れていますよ」

・エアコンが「今の室温は何度ですよ」

・「モノが揺れていますよ」「モノが倒れましたよ」

こんなことを教えてくれるので、安心できる機能となっている。

 

IoTでモノ同士の連携

家電と家電が連携します。

 

これだけ聞いても分かりづらいと思うので、例えで説明していきます。

①録画した番組を家中のテレビで使用ができる

②カメラが「赤ちゃんやペットを撮影」スマホで確認できる

③ペットの体調をスマホでチェックできる

このようなイメージです。

家だけじゃない。国がIoTを活用している。

IoTが活用されているのは、家だけではありません。

都市、医療、自動車等様々な場面で活用されています。

 

世界の各地でスマートシティ化

世界の都市で「IoT」を活用し始めている。

活用することにより、

・交通網の改善

・エネルギーの最適化

これらの問題を解決することにより、より便利で過ごしやすい環境が作ることができる。

 

人口の多い都市では、交通渋滞が日常茶飯事です。

そこで、交通量や事故、工事等の情報を考慮して信号の切り替えが自動でスムーズに行なってくれる。

これにより渋滞の緩和が期待できる。

 

そんなこともIoTを使ってできるようになってきている。

日本では、まだ実施されていないが、海外では実用化されている場所もある。

 

医療現場でIoTを活用し安全性の向上

医療の現場でIoT?

ちょっとイメージが付きづらいと思われます。

まだ多くの実績はありませんが、どんな期待をされているのかご紹介します。

 

・遠隔医療

血圧、脈、酸素飽和度などのバイタルサインを測定し、そのデータを医療従事者が把握・管理してくれるからとっても安心できる。

 

膀胱の動きをセンサーで検知し、排尿のタイミングを見計らう。

自分で管理できれば排尿が自立するような訓練となる。

また、他者が管理することであれば介護者の負担を減らすことができる。

 

・医療ミス対策

医療の現場では、スマート治療室と呼ばれる。

スマート治療室では、

・患者のバイタルをモニタリングできる

・メスにセンサーを搭載しており、より精査できるように見えるようになっている。(画面に映すことができるため、1人の医師だけでなく数人で確認できる)

・医療機器の設定を把握・設定・管理できる

 

医療ミスが減ることが実証されていけば、病院としても続々と導入していくでしょう。

病院は医療ミスが最もおそれており、悪影響を及ぼすものですから。

 

車もIoTで快適

ハンドルもペダルも無い自動運転車を知っていますか?

Googleが開発した「Waymo(ウェイモ)」という車。

まだ実用化はされていませんが、今後は普及していくかもしれません。

 

 

「心拍数」「脳の疲労感」「心理的安定感」をセンサーによって検知して、事故を未然に防ごうという開発もされています。

車は事故がつきものと言われるように事故が絶えません。

IoTによって事故がない車生活が送れることを期待しています。

【まとめ】IOT

IoTは、モノがインターネットとつながって情報の把握・交換・連絡をし合えるシステム。

人が安全に暮らせるような活用方法がとても魅力的に感じられます。

 

しかし、生活や仕事がとても便利になる一方、技術が向上するにあたって「人が働かなくてもよくなる」という反動がありそうです。

 

まだ普及されていくには、時間がかかると思われます。

車の事故や医療事故等の人の命が関わることの改善から実施されていくことを願っています。

 

以上、家電男児でした。

最後までご閲覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

Amazonでお得にお買い物をする裏技をご紹介

近年、通販で家電を購入される方が多くなっています。

そこで、大手通販会社Amazonでお得にお買い物ができる方法をご紹介します。

 

方法はとっても簡単です。

Amazonで商品を購入する前に、「Amazonギフト券」を先にチャージしてから、商品をチャージした金額から購入するとお得になります。

 

どんな利益があるのか?

ギフト券を購入するだけで、今なら最大2.5%ものポイントをゲットできます。

さらに、そのギフト券を使用して商品を購入してもポイントがもらえます。

 

Amazonギフト券の購入画面はこちらへ。

アマゾンギフト券をチャージする

 

さらにアマゾンプライム会員だとさらに利率がアップ。 まずは、アマゾンプライム会員になってからAmazonギフト券をチャージしましょう。 初めての方でも安心できる30日間の無料体験も実施しています。  

アマゾンプライム会員についてはこちらから。

【公式】アマゾンプライム
家電の知識
家電男児をフォローする
スポンサーリンク
家電男児のおすすめ

コメント