【パナソニック】新型ナノケア EH-NA0E「口コミ・評判は?」

【パナソニック】ヘアードライヤー新型ナノケアEH-NA0E「髪の潤いを追求」ドライヤー

新型のナノケアってどうなの?

前のモデル「EH-NA0B」が人気だったから、とっても気になる。

パナソニックの大人気のヘアドライヤー「ナノケア」から新型モデルが登場。

ヘアードライヤー ナノケア【EH-NA0E】 

 

圧倒的に髪の潤い度合いがマジですごい。

ナノケアシリーズは、ユーザー満足度96%と、ほとんどの人が「買ってよかった、満足している」と実感できるヘアドライヤーです。

 

2021年版おすすめのヘアドライヤー10選!

ヘアドライヤーを購入される際の参考となれば幸いです。

画像出典:パナソニック

ナノケア「EH-NA0E」と「EH-NA0B」の違い

まず、ナノケアの最新モデル「EH-NA0E」とナノケア旧モデル「EH-NA0B」の違いについて見ていきましょう。

この2機種の違いはたった3つです。

・カラーバリエーション
・ミネラル吹出口
・サイズと重量

それぞれ解説していきます。

カラーバリエーション

カラーバリエーションは、旧モデル「EH-NA0B」ではルージュピンクピンクゴールドの2色でした。

新型モデルの「EH-NA0E」では、3色を展開しています。

さらに高級感が出たカラーリングになっています。

 

ミネラル吹出口

EH-NA0EEH-NA0Bでは、ミネラルマイナスイオン吹出口の方向性が異なります。

具体的には、EH-NA0Bでは直進方向であったのに対し、EH-NA0Eは30度内向きになりました。

 

つまり、高浸透ナノイーとミネラルイオンが1点に集中して当たるようになった。

普段ドライヤーをされる際に、多くの人が左右に振りながら使用するため、イオンが広がり過ぎてしまうのを防止するためこのような改善をされたようです。

 

サイズと重量

サイズと重量は若干の違いが出ています。

EH-NA0E

サイズ:22.6cm×21.6cm×9.2cm
重量:580g

 

EH-NA0B

サイズ:22.8cm×21.4cm×9.2cm
重量:575g

サイズと重量については、あまり気にしなくても問題ないレベルの違いとなっています。

ヘアードライヤー ナノケア「EH-NA0E」の特徴は?

ヘアードライヤー ナノケア「EH-NA0E」の特徴は?

水分発生量と浸透率を大きく改善したナノケア。

ナノケアシリーズは、今まででも好評だったが、さらなる進化をとげています。

 

新型のナノケア「EH-NA0E」は、さらにキューティクルの密着性を高めた。

これにより、ヘアカラーをした髪へのダメージ、退色を抑制できるようになった。

 

髪へのこだわりを追求されたヘアドライヤー。

 

毎日のドライヤーが楽しくなるに違いない。

 

ナノケアの特徴を詳しく解説します。

「高浸透ナノイー」とは?

高浸透ナノイーとは、髪への浸透性を高めた「ナノイー」のことです。

高浸透ナノイーは、従来の「ナノイー」に対して水分発生量を18倍・浸透性を1.9倍に増加。

 

元々のナノイーは、マイナスイオンより何十倍、何百倍もの水分量を発生させており、効果の違いが分かる程であった。

それを、さらに18倍もの水分量を発生させている。

そして、発生させるだけでなく、髪への浸透力もすごい。

毛髪水分増加量では、旧モデルと比べて1.9倍もの水分が髪へ浸透されている。

 

ドライヤーだけで、こんなに効果が違ってくるのか?って思うぐらい違います。

もはや、「EH-NA0E」は美容機器といってもいいレベル。

 

みなさんは、髪に対してどんなことを求めているのか?

・しっとり感
・さらさら感
・柔らかさ
・まとまり
・ツルツル感
・指通り
・くせの伸び
・ツヤ

パナソニックの調べだと、以上の項目が全て向上したとされている。

 

「潤いのある髪を保ちたい」

「パサついた髪を潤わせたい」

そんな方におすすめです。

5つのモードを使い分ける

5つのモードを使い分ける

高浸透ナノイーだけでなく、5つのモードでも髪をしっかりとケアできる。

どんなモードを搭載しているのか?

・毛先集中ケアモード
・温冷リズムモード
・インテリジェント温風モード
・スカルプモード
・スキンモード

名前だけ見るとカッコイイ名前ばかりだけど。

それぞれどんな役割があるのか?

 

毛先集中ケアモード

毛先集中ケアモードは、周囲の温度をセンサーで自動で検知し、最適な間隔と風量で毛先の仕上げに適した温風・冷風を交互に発生するモード。

 

基本的に弱風なので、毛先に風をあてやすく、集中的にケアできる仕様となっている。

毛先を乾かしたいときに設定すれば、毛先を優しく乾かすことができる。

 

温冷リズムモード

温冷リズムモードは名前通り、温風と冷風を自動で交互に切り替えてくれるモード。

温風で髪のくせをのばして、冷風で冷やしてしっかりキープする流れ。

 

冷風により髪の表面が整うため、ツヤツヤでしなやかな髪に仕上げることができる。

 

インテリジェント温風モード

室温に合わせて、ドライヤーが風温を自動でコントロールしてくれるモード。

暑い時期は、温風の熱さを抑え、快適に髪を乾燥させることができる。

 

夏にドライヤーを使用すると、どうしても汗をかいて逆にベタベタしてしまうのを防いでくれるので1年中インテリジェントモードでもいいかも。

 

スカルプモード

スカルプモードは、地肌にやさしい温度である約60 ℃の風で心地よくドライします。

地肌のベタつきなどの不快感の原因をシャットアウト。

 

頭皮に優しい温風なので、頭皮を気にかけている方におすすめです。

 

スキンモード

スキンモードは、髪の毛ではなく、肌に潤いを与えるモード。

特にお風呂上がりの乾燥しやすい肌におすすめです。

 

高浸透ナノイーとミネラルマイナスイオンを含んだ風で肌のうるおいを保ち、しっとり肌をキープできます。

美容機器としても利用できるということです。

【口コミ・評判は?】ナノケア「EH-NA0E」

私はパーマをかけていて髪が傷んでいます。

今まで家でドライヤーで髪を乾かしても、パサついたり跳ねたりして美容院のような仕上がりにならなかったのです。

このドライヤーで乾かすと指通りが違う、跳ねない!すごく扱いやすい髪の状態になりました。

5000円台のドライヤーとは明らかな仕上がり差があります。

妻にねだられて購入したけど、正直びっくり。

くせっ毛だった妻の髪が、まるでストレートパーマをかけたように真っ直ぐ。

しかもサラサラで艶まで出ている。

本当に手までつるつるになります。
とにかく毛量が多い天パな私の髪は、何をしてもまとまりませんでした。
しかし、EH-NA0Eで乾かすと本当にまとまる!
しかも艶まででちゃう!

家電女児
家電女児

乾くのがめっちゃ早い!!

でも、すごい強風ってほどじゃないし、モードで風量も調節しやすく使いやすい。
強風が苦手な私も、使いやすく大変重宝してます。

高評価をされている口コミが多い印象でした。

中には、値段が高いなども声もありました。

 

価格については、個人の価値観によるものが大きいと思います。

【まとめ】ヘアードライヤー ナノケア「EH-NA0E」

【まとめ】ヘアードライヤー ナノケア「EH-NA0E」

新型ナノケアをおさらいすると

・高浸透ナノイーにより水分発生量が向上
・高浸透ナノイーにより水分浸透量が増加
・とにかく髪の潤いがすごい
・多様に使い分けができるモードを搭載

旧モデルでも多くの人気を集めていたが、新型では高浸透ナノイーにより大きく性能が向上している。

 

いままで、パナソニックのドライヤーを愛用している方は、絶対に気に入ると思います。

他メーカーを使用している方には、違いが分かるドライヤーであると思います。

以上、家電男児でした。

最後までご閲覧いただきありがとうございました。