【2022年版】電気圧力鍋おすすめ9選「買ってよかった、買ってはいけない電気圧力鍋はコレだった」

【2022年版】電気圧力鍋おすすめ9選「買ってよかった、買ってはいけない電気圧力鍋はコレだった」電気圧力鍋
家電女子
家電女子

電気圧力鍋を初めて買おうと思っているんですけど、どれを買ったら失敗しないのかな?

どのメーカーのどんなモデルがおすすめなの?

家電男児
家電男児

電気圧力鍋のおすすめモデルを紹介しましょう。

また、選び方も解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

「あなたが必要とする電気圧力鍋」が分かります。

各モデル・機種を比較しているので、環境や目的に合った一台をご提案します。

\電気圧力鍋のおすすめはコレ!/

一度にいっぱい作れる
【T-fal】クックフォーミー

 

「これにして良かった」「買ってよかった」と思える電気圧力鍋を9選ご紹介します。

さらに、正しい選び方、買って後悔しないためのポイントもお伝えしますので、参考にしてみてください。

おすすめの電気圧力鍋を比較

おすすめの電気圧力鍋を比較

紹介するおすすめの電気圧力鍋を比較表にしてまとめました。

型番型番最大容量調理モード自動メニュー価格
【シロカ】おうちシェフ PROSP-2DM2512.4L10役83メニューAmazon
【アイリスオーヤマ】4.0LPMPC-MA44.0L7役90メニューAmazon
【アイリスオーヤマ】2.0LPMPC-MA22.0L7役69メニューAmazon
【T-fal】ラクラ・クッカーCY3501JP3.0L7役3メニューAmazon
【T-fal】クックフォーミーCY8511JP6.0L4役150メニューAmazon
【A-stage】Re・De PotPCH-20LB2.0L4役8メニューAmazon
【パナソニック】3LSR-MP3003.0L6役7メニューAmazon
【山善】2.2LYPCB-M2202.2L6役6メニューAmazon
【シャープ】ホットクックKN-HW24F4.7L8役133メニューAmazon

 

電気圧力鍋おすすめ9選

2022年版おすすめ電気圧力鍋9選を紹介していきます。

買ってよかったと思える一台を見つけよう。

【シロカ】おうちシェフ PRO「SP-2DM251」

【シロカ】おうちシェフ PRO「SP-2DM251」

・容量:2.4L
・調理モード
 :圧力・無水・蒸す・炊飯・スロー・温めなおし・低温・炒める・発酵・温度
・自動メニュー:83メニュー

シロカのおうちシェフPROは、1台で10役もの調理方法を搭載。

細かな設定ができるのも人気の秘密。

加圧時間や圧力値を自由に設定でき、好みに合わせて調理ができます。

コンパクトな見た目からは想像できないくらい、幅の広い調理ができる電気圧力鍋だ。

 

お手入れのしやすさも抜群。

そもそも洗うパーツも少なく、さらにふたやパッキンが取り外せるから簡単に洗えます。

 

【アイリスオーヤマ】電気圧力鍋「PMPC-MA4」

【アイリスオーヤマ】電気圧力鍋「PMPC-MA4」

・容量:4.0L
・調理モード
 :圧力・温度・無水・蒸す・低温・発酵・グリル
・自動メニュー:90メニュー

アイリスオーヤマ「PMPC-MA4」は、大容量の4Lだから4人前の料理が1度にできあがります。

電気圧力鍋には珍しいガラス蓋が付属されており、使いやすい。

 

操作もシンプルで簡単。

見やすい液晶画面にボタンが4つとダイアルのみで操作できます。

電気圧力鍋を初めて使う方におすすめ。

 

PMPC-MA4専用のオリジナルレシピ集も掲載されています。

→レシピ集はこちら

 

【アイリスオーヤマ】電気圧力鍋「PMPC-MA2」

PMPC-MA2

・容量:2.2L
・調理モード
 :圧力・温度・無水・蒸す・低温・発酵・グリル
・自動メニュー:69メニュー

PMPC-MA2は、PMPC-MA4の容量が小さいバージョン。

3人家族にちょどいいモデルです。

 

容量や自動メニュー数、パワーは少し弱いが問題ないレベル。

価格も抑えられており、お買い求めやすい電気圧力鍋だ。

 

さらに、PMPC-MA2にも専用のレシピサイトがあります。

レシピ集はこちら

 

【ティファール】ラクラ・クッカー「CY3501JP」

【ティファール】ラクラ・クッカー「CY3501JP」

・容量:3.0L
・調理モード
 :圧力・蒸す・煮る・炒める・低温・炊飯(2種)
・自動メニュー:3メニュー

ラクラ・クッカー「CY3501JP」は、スタイリッシュでかっこいい電気圧力鍋。

タッチセンサーだから直感的に操作が可能。

 

鍋の形状が特殊で、62度のゴールデンアングルを2か所に施した球状の鍋になっている。

だから、均一に熱が広がり、熱ムラなく炊飯のごはんも、おいしく仕上がります。

 

調理後は最大24時間の自動保温を搭載しているので、利便性もアップ。

50レシピを掲載したレシピブックが付属で付いてくる。

 

【ティファール】クックフォーミー エクスプレス「CY8511JP」

【ティファール】クックフォーミー エクスプレス「CY8511JP」

・容量:6.0L
・調理モード
 :圧力・蒸す・炒める・煮る
・自動メニュー:150メニュー

 

T-falのクックフォーミー エクスプレス「CY8511JP」は、自動メニューの種類がトップクラスで多い。

細かな設定なしで、簡単にメニューに合わせた調理をしてくれるため、めちゃくちゃ楽です。

調理モードの種類が少ないものの、簡単に時短できる電器圧力鍋をお探しならコレがおすすめ。

 

さらに、超大容量の6Lもの鍋を採用。

一度に6人前の料理を作ってくれるので、5人以上の家族にとても人気である。

 

また、液晶の表示が見やすくて、誰でも簡単に使いこなすことができる仕様。

料理のバリエーションを増やしたい方にも便利な電気圧力鍋です。

 

【A-stage】電気圧力鍋「Re・De Pot」

【A-stage】電気圧力鍋「Re・De Pot」

・容量:2.0L
・調理モード
:圧力、スロー、無水、温め
・自動メニュー:8メニュー

Re・De Pot(リデポット)ならご飯を約25分もの早さで炊飯できる利便性をもつ電気圧力鍋です。

他の電気圧力鍋よりも自動メニュー数は少めだが、公式ホームページにてレシピが公開されているため、少なさは問題ない。

>>Re・De Potのレシピはこちら

デザイン性にも優れており、とてもおしゃれ。

カラーバリエーションも豊富で4色から選べます。

オシャレなキッチンならRe・De Potがおすすめ。

 

【パナソニック】電気圧力鍋「SR-MP300」

【パナソニック】電気圧力鍋「SR-MP300」

・容量:3.0L
・調理モード
 :圧力・煮込み・無水・低温(2段階)・ヘルシースープコース
・自動メニュー:7メニュー

パナソニックの電気圧力鍋「SR-MP300」は、コンパクトでスリムな形状が特徴的。

無駄なものを無くして、普段使うものだけを搭載しています。

 

Amazonでも非常に人気で、口コミでも高評価ばかり。

買って失敗したくない、後悔したくないならSR-MP300がおすすめ。

 

さらに、パナソニックの電気圧力鍋のレシピ集も充実している。

レシピ集はこちら

 

【山善】電気圧力鍋「YPCB-M220」

【山善】電気圧力鍋「YPCB-M220」

・容量:2.2L
・調理モード
 :圧力・炊飯(2種類)・発酵・無水・スロー
・自動メニュー:6メニュー

今回紹介した電気圧力鍋でもっとも安いのが山善の「YPCB-M220」だ。

安いわりに本格的な調理が可能で、コスパが高い。

60種のレシピブック付きだから、料理のバリエーションも増える。

 

お手入れも簡単で本体とコード以外は水洗いOK。

コンパクトだからとても扱いやすい。

安めの電気圧力鍋を買いたい方におすすめの一台です。

 

【シャープ】ヘルシオホットクック「KN-HW24G」

【シャープ】ヘルシオホットクック「KN-HW24G」

・容量:4.7L
・調理モード
 :圧力・無水・炊飯・煮る・蒸す・発酵・低温・温めなおし
・自動メニュー:133メニュー

ヘルシオホットクック「KN-HW24G」は、電気圧力鍋のなかでもハイエンドモデル。

ヘルシオ特有のかきまぜ機能ももちろん搭載。

 

さらに、2段同時調理機能を初搭載した。

2段同時調理は、上下2段の構造になっているため、一度の調理で2種類のメニューを同時に作ることができます。

例えば、下段でアクアパッツァを作りながら、下段でごはんを炊くなんてことも実現可能に。

 

また、非常に人気が高く、ユーザーも多いためか、ホットクックを使ったレシピ本が販売されている。

ホットクックだけのおいしいレシピや簡単レシピ、おもしろレシピなんかも手軽に作ることができますよ。

電気圧力鍋の選び方「失敗しない9つのポイント」

電気圧力鍋の選び方「失敗しない9つのポイント」

電気圧力鍋を選ぶポイントを9つお伝えしていきます。

電気圧力鍋を選ぶポイント

・容量
・調理モード
・自動メニュー
・加熱方式
・予約機能
・ふたの種類
・操作性
・お手入れ
・デザイン

それぞれ解説していきます。

容量

容量

まずは容量を基準に選ぶ必要があります。

何人家族なのか?何回分作りたいのか?などで容量が決まってきます。

 

小さいもので2L、大きいもので6Lくらいの電気圧力鍋が多い。

2人暮らしなら2Lで十分、3~4人家族なら3L、めちゃくちゃたくさん食べる方がいるなら5L以上あると便利ですね。

容量の種類が少ないメーカーがあるので、まずは容量で決めるといいでしょう。

調理モード

調理モード

調理モードは、調理方法がどのくらい搭載しているのか?をみていきます。

例えば、「この一台で6役の調理方法をこなします」って聞いたことありませんか?

このように、1台でどんな調理方法を担えるのかを把握しておきましょう。

・圧力調理モード
・煮込み調理モード
・蒸し調理モード
・炊飯モード
・ベイクモード
・無水調理モード
・低温調理モード
・発酵モード

など、様々な調理モード搭載しているか?

あなたはどの調理方法が必要ですか?

 

自動メニュー

自動メニュー

自動メニューとは、電気圧力鍋本体にあらかじめ内蔵されている調理方法のこと。

例えば、カレーのレシピを選ぶとカレーがおいしくできる温度や圧力などの工程を自動で行ってくれるもの。

内蔵レシピとも言われています。

 

表記としては、「自動メニュー100レシピ」という感じで記載されています。

自動メニューが豊富だと、細かな設定なしで調理ができるので、手間がかなり省くことができますよ。

加熱方式

加熱方式

加熱方式は、IH式とマイコン式の2つのタイプに分かれます。

IH式とは、電磁誘導によって容器を全体から加熱する方式。

高火力でムラなく加熱できるメリットと、電気代がかかったり本体価格が高かったりとデメリットがある。

 

マイコン式とは、調理容器を下からヒーターで加熱する方式のこと。

本体価格と電気代が安いメリットと、食材への熱の入り方にムラが出やすいデメリットがある。

 

おいしい料理が食べたいならIH式がおすすめ。

価格を安く抑えたいならマイコン式がおすすめ。

予約機能

予約機能

予約機能はとても便利な機能で、共働きのご家庭におすすめ。

帰宅したら料理が出来上がっているという、非常にありがたい機能です。

仕事が終わって、子供を迎えに行って、料理をして…のバタバタを解消できますよ。

しかし、予約機能が搭載されているからと言って、すべてのメニューが対応しているわけではないので、ご了承ください。

とはいえ、めちゃくちゃ便利なので、できれば予約機能を搭載しているものを選ぶといいでしょう。

ふたの種類

ふたの種類

電気圧力鍋のふたには、2つの種類があり、「スライド式」と「プッシュ式」に分けられます。

スライド式は、左右に回転させて開閉するタイプ。

鍋のふたをイメージしていただければいいのだが、お手入れはしやすさはあるも、置き場所に困る場面のでてくるだろう。

 

プッシュ式は、炊飯器のように上方向に開けるタイプ。

お手入れのしづらさがあるも、手軽に開閉できるメリットもある。

操作性

操作性

操作方法は、ボタン式・ダイアル式に分けられます。

表示方法は、デジタル表示(7セグメントディスプレイ)と液晶表示に分けられる。

 

ボタン操作は簡易的でもありますが、ボタンの数が多すぎると見つけるのに大変で、見た目もよろしくない。

ダイアル操作の方がスタイリッシュに見えて、スムーズな操作が可能。

 

電気圧力鍋は、炊飯器に似てデジタル表示のものが多い。

レシピも表示できる液晶表示のほうが見やすくていいのだが、価格は高くなる。

お手入れ

お手入れ

日常的に使うなら、お手入れが簡単なものを選びましょう。

何のために電気圧力鍋を購入するのかを考えると、時短や家事の負担を軽減するため。

なので、お手入れがめんどうなものだと本末転倒。

 

毎回洗う部品はいくつあるのか?お手入れのしやすさは?

など、しっかりとお手入れ方法を確認してから、購入するようにしましょう。

 

デザイン

デザイン

デザインも結構重要になると思っています。

自分の気に入ったオシャレな電気圧力鍋を選ぶことで、面倒なことが少し緩和できます。

そして、キッチンがスッキリとした雰囲気になる。

来客時にキッチンが見えてしまうことがありますので、高級感があるもの、おしゃれなもの、かわいらしいものを選ぶといいでしょう。

買ってはいけない電気圧力鍋

買ってはいけない電気圧力鍋

買ってはいけない電気圧力鍋の特徴がこちら

買ってはいけない電気圧力鍋の特徴

・炊飯器と同じ機能のもの
・家事の負担が増えてしまうもの

この2つに気を付ければ大きな失敗はありません。

それぞれみていきましょう。

 

炊飯器と同じ機能のもの

炊飯器と電気圧力鍋って、実はだいたいの構造が同じなんですよ。

なので、炊飯器ができない機能を搭載していないと、電気圧力鍋を買う必要がありません。

炊飯器用とおかず用で分けたいなら別ですが。

これらの理由から、炊飯器と同じ機能のものは買わないほうがいいです。

 

家事の負担が増えてしまうもの

そもそも電気圧力鍋を買う理由を考えてみると、家事の負担を少なくしたいという人が多いと思います。

しかし、電気圧力鍋を使うのが面倒になってしまうパターンがあります。

それが、洗うことが苦痛になってしまうことです。

 

つまり、電気圧力鍋を選ぶ際には、洗う部品が少ないもの、簡単にお手入れができるものを選ばなければ、家事の負担がさらに増えます。

【まとめ】買ってよかったと電気圧力鍋はコレ

【まとめ】買ってよかったと電気圧力鍋はコレ

気に入った電気圧力鍋は見つかりましたか?

基本的には、多くの機能を搭載したものを選ぶことをおすすめします。

また、これができたら便利だなって思えるものが重要です。

 

もしも、これでも決まらないのであれば、シャープのヘルシオ ホットクックをおすすめします。

価格は高めですが、ハイスペックで人気の高い電気圧力鍋なので買って後悔はないでしょう。

 

その他、気になる電気圧力鍋があれば、クリックして詳細をご覧ください。

型番型番最大容量調理モード自動メニュー価格
【シロカ】おうちシェフ PROSP-2DM2512.4L10役83メニューAmazon
【アイリスオーヤマ】4.0LPMPC-MA44.0L7役90メニューAmazon
【アイリスオーヤマ】2.0LPMPC-MA22.0L7役69メニューAmazon
【T-fal】ラクラ・クッカーCY3501JP3.0L7役3メニューAmazon
【T-fal】クックフォーミーCY8511JP6.0L4役150メニューAmazon
【A-stage】Re・De PotPCH-20LB2.0L4役8メニューAmazon
【パナソニック】3LSR-MP3003.0L6役7メニューAmazon
【山善】2.2LYPCB-M2202.2L6役6メニューAmazon
【シャープ】ホットクックKN-HW24F4.7L8役133メニューAmazon
電気圧力鍋

【T-fal(ティファール)電気圧力鍋を比較】おすすめの4モデル

T-falの電気圧力鍋を買おうと思っています。 ですが、どのモデルにしたらいいか悩んでいます。 家電女子 電気圧力鍋でも人気が高いT-falいいよね。 どれがいいの...
電気圧力鍋

【ELC電気圧力鍋の口コミ・評判】1台15役で大容量モデル

家電女子 一度にたくさんの料理ができる電気圧力鍋って、どれがおすすめですか? 家電男児 それならELCの電気圧力鍋がいいかも。 最大5Lもの容量があるので、...
電気圧力鍋

AONCIA電気圧力鍋「一台で10役!料理の幅が広がりまくり」

家電女子 安くていろんな調理方法ができる電気圧力鍋って、どれがおすすめですか? 家電男児 それならAONCIAの電気圧力鍋がいいですよ。 1台で10通りの調...
電気圧力鍋

siroca(シロカ)電気圧力鍋共働きの家庭必見!簡単に時短料理が実現

朝と夜は大忙しの共働きのご家庭のお助け家電を見つけました。 siroca(シロカ)電気圧力鍋 型番:SP-4D151、SP-4D131、SP-D131 シロカ電気圧力鍋の魅力とは?   >>おすすめ電気圧力鍋はこちら ...
電気圧力鍋

【大容量モデル登場】アイリスオーヤマ電気圧力鍋80メニューを自動調理

家電女子 安くて、大きくて、使いやすい電気圧力鍋が欲しいんですけど、ずっと悩んでいます。 どれがいいのか全然分かりません。 家電男児 欲張りなお願いですね。 では...