【TaoTronics】超静音設計の加湿器「TT-AH043/044」

【TaoTronics】超静音設計の加湿器「TT-AH043/TT-AH044」加湿器
家電男児
家電男児

どーも。家電男児です。

家電女児
家電女児

寝るときに静かな加湿器を探しています。

できれば容量が大きいけど、本体サイズがコンパクトなものがいいな。

家電男児
家電男児

そんな悩みを解決できる加湿器を紹介します。

今回、ご紹介する加湿器がこちら

【TaoTronics】加湿器

「TT-AH043」「TT-AH044」

 

TaoTronics加湿器のココがおすすめ!

✅超静音設計だから就寝時に気にならない
✅湿度センサー搭載で自動で湿度調節
✅コンパクトなのに大容量

加湿力が強く、大容量でとても使いやすい加湿器です。

デザインもシンプルで設置場所を選びません。

 

本記事が加湿器を購入される際の参考となれれば幸いです。

スポンサーリンク

比較!「TT-AH043」と「TT-AH044」の違いは?

比較!「TT-AH043」と「TT-AH044」の違いは?

「TT-AH043」と「TT-AH044」のどちらを購入したらいいのか分からない方に、まずは両機種の違いについてまとめていきます。

TT-AH043TT-AH044
本体サイズ323×210×149mm287×215×153mm
容量4L6L
加湿量弱: 100ml/h
中: 180ml/h
強: 250ml/h
弱: 100ml/h
中: 200ml/h
強: 300ml/h
適用面積~18畳~24畳
運転音28dB26dB
価格安い高い
LEDライト×

これらの違いをみてみると、部屋の広さでどちらを購入するのかを決めるといいと思います。

 

部屋が広い家におすすめ⇒TT-AH044

部屋が狭めの家におすすめ⇒TT-AH043

 

両機種とも口コミでも高評価が多く、2台購入される方もいらっしゃるくらいの人気ぶり。

加湿量、水タンクの容量が大きい、メンテナンスが楽、表示が見やすいという声が多い。

価格もお求めやすい価格設定となっており、コスパの高い加湿器である。

 

次に、「TT-AH043」と「TT-AH044」の主な特徴について解説していく。

超静音設計だから就寝時に気にならない

超静音設計だから就寝時に気にならない

運転音はとても静か。

就寝時にも気にならないレベルの音。

 

「TT-AH043」と「TT-AH044」の静音運転時の音を数値で見ると以下の大きさになる。

・TT-AH043:28dB
・TT-AH044:26dB

これらがどのくらいの大きさなのか?

30dBで「非常に小さく聞こえる」と定義されており、20dBでは「ほとんど聞こえない」としている。

加湿量をコントロールする加湿器 TaoTronics

つまり、運転音は気にならないことが言える。

騒音に対してストレスを感じることはほぼないでしょう。

なので、寝室に設置しても問題ありません。

勉強部屋などの静かな環境にしたいときでも便利。

スポンサーリンク

日本製暖房機ケノンヒーター、子供やペットも安心!乾燥しない。

湿度センサー搭載で自動で湿度調節が超便利

湿度センサー搭載で自動で湿度調節

TaoTronicsの加湿器「TT-AH043」、「TT-AH044」には湿度センサーを搭載している。

リアルタイムで湿度を検知し、部屋の加湿度合いがどのくらいなのかを表示してくれます。

デジタル表示なので、パッと見て湿度を確認できるところも嬉しい。

加湿器デジタル表示

 

そして、湿度設定をすることにより自動で加湿量を調節してくれます。

例えば、湿度を60%に設定すると、部屋の湿度が60%になるように自動で加湿量を調節する。

設定湿度より少なかったり、加湿し過ぎたりするのを防いでくれます。

 

常に快適な湿度環境に調節してくれるので、とっても楽です。

TaoTronicsの加湿器はコンパクトなのに大容量

オシャレなデザインの加湿器 TaoTronics

本体サイズと容量を見てみるとコンパクトで、容量は大容量であることが分かる。

本体サイズ

TT-AH043:323×210×149mm
TT-AH044:287×215×153mm

 

容量

TT-AH043:4.0L
TT-AH044:6.0L

これだけコンパクトなサイズで、これほどの容量の大きい加湿器は他にはありません。

置き場所に困らないところも魅力の一つです。

 

TaoTronicsの加湿器

容量が大きいほど、水を何度も変えなくていいので、とてもありがたい。

給水の際にも大きいからと言って、タンクを持ち運ぶ手間もいりません。

 

給水口が設置されているため、そこに水を入れるだけでOK。

大きめのコップやビーカーのような入れ物に水を汲んできて、給水することで重たい水を満杯にして持ち運ぶ必要がない。

スポンサーリンク

【まとめ】TaoTronicsの加湿器「TT-AH043」「TT-AH044」

【まとめ】TaoTronicsの加湿器「TT-AH043」「TT-AH044」
TaoTronics加湿器

・大容量の加湿器をお探しの方はTT-AH044がおすすめ
・安さとコンパクトさをお求めの方はTT-AH043がおすすめ
・運転音がかなり静か
・加湿量の調節、自動調節が可能

どちらの機種ともコスパ最強の加湿器である。

また、お手入れの面もメンテナンスしやすい構造になっているので、とっても助かりますよ。

 

以上、家電男児でした。

最後までご閲覧いただきありがとうございました。