【クイジナート オーブントースター】3モデルを比較!どれがおすすめ?

【クイジナート オーブントースター】3モデルを比較!どれがおすすめ?トースター

Warning: Undefined array key 4 in /home/chappypanchi/kadendanji.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-child-master/functions.php on line 69
家電女子
家電女子

クイジナートのオーブントースターを買おうと思うんだけど、どれがいいのかな?

家電男児
家電男児

それなら、新型モデルがおすすめ。

安く買いたいなら1つ古いモデルもいいでしょう。

今回、ご紹介するオーブントースターがこちら

【クイジナート】オーブントースター

「TOA-29SJ、TOA-29KJ、TOA-28J」

 

クイジナートオーブントースターのココがおすすめ!

✅ノンフライ調理ができる
✅オシャレなデザイン
✅料理のバリエーションが増やせるレシピ本

本記事がオーブントースターを購入される際の参考となれれば幸いです。

 

>>おすすめのオーブントースター「これ買っておけば間違いなし」

スポンサーリンク

【比較】クイジナート オーブントースター3モデルの違いは?

【比較】クイジナート オーブントースター3モデルの違いは?

‎Cuisinart(クイジナート)のノンフライオーブントースター3モデルを比較していきます。

それぞれの違いを把握してから、どの機種を選ぶのかを決めましょう。

型番TOA-29SJTOA-29KJTOA-28J
デザイン
カラーシルバーブラックシルバー
サイズ幅320×奥行380×高さ290(mm)幅320×奥行380×高さ290(mm)幅298×奥行315×高さ292(mm)
庫内サイズ幅240×奥行295×高さ90(mm)幅240×奥行295×高さ90(mm)幅252×奥行300×高さ128(mm)
重さ5.7kg5.7kg5.4kg
消費電力1450W1450W1450W
付属品パンくずトレー
トレー
メッシュバスケット
オーブンラック
レシピブック
パンくずトレー
トレー
メッシュバスケット
オーブンラック
レシピブック
パンくずトレー
トレー
メッシュバスケット
オーブンラック
発売2021年2021年2019年
価格価格を見る価格を見る価格を見る

TOA-28Jは、2019年モデルとして発売され、人気の強いオーブントースターです。

今でも価格が下がり、コスパのいい商品となっています。

 

TOA-29SJTOA-29KJは、2021年モデルの新型です。

また、比較表では分からない違いがありますので、紹介していきます。

TOA-29SJ・TOA-29KJとTOA-28Jの違いがこちら

・カラー
・下ヒーターの形状
・トーストの水分量がアップ

・レシピブック

違いとしては、とてもシンプルなので、簡単にみていきましょう。

 

カラー

クイジナートのトースターのカラーがこちら

・TOA-29SJ:シルバー
・TOA-29KJ:ブラック
・TOA-28J:シルバー

最新モデルでは、シルバーブラックの2色から選ぶことができる。

どちらも高級感があって、とってもおしゃれです。

下ヒーターの形状

下ヒーターの形状

一番大きく変更された点が、下部に設置されたヒーターの形状が変わったところです。

従来モデルのオーバル型(四角のような形)からM型へ変更されました。

これにより、効果的に熱が伝わるよう改善され、食材にムラなく熱が通り、トーストの焼き時間も短縮しました。

トーストの水分量がアップ

ヒーターがM型になったことで、すばやく焼き上げることが実現し、トーストの水分量がアップ。

外はカリッと、中はモチッとした美味しいトーストを焼き上げることができます。

いつもより美味しいトーストが楽しめます。

レシピブック

レシピブック

新型モデルには、レシピブックが標準で付属されています。

ですが、TOA-28Jにはレシピブックが付いていません。

レシピブック付きを選べますが、その際の型番が異なっており、「TOA-30J」になります。

価格も1,000円ほどの差があります。

TOA-29SJ

 

TOA-29KJ

 

TOA-28J

「こんなときに便利!」クイジナートのトースター

「こんなときに便利!」クイジナートのトースター

クイジナートのオーブントースターの特徴をみていきましょう。

リバーシブルラック
ヘルシーなノンフライ調理
トーストやパンの温めに
シンプルで簡単な操作
おしゃれなデザイン

それぞれ詳しくみていきましょう。

リバーシブルラック

リバーシブルラック

オーブンラックは、表裏で使えるリバーシブルラックとなっています。

表面は、焼き位置が高くなり、上ヒーターに近づけることで焼き時間の短縮になる。

裏面は、ヒーターから遠ざけるため、じっくりと焼きたい料理に最適。

料理によって使い分けができます。

ヘルシーなノンフライ調理

ヘルシーなノンフライ調理

油を使わずに、まるで油で揚げたような仕上がりに焼くことができます。

例えば、から揚げを作ろうとすると、たっぷりな油を使って、衣にしっかりと油が絡みつく。

そんなときにノンフライ調理をすると、ヘルシーで安くおいしいから揚げを作ることができますよ。

トーストやパンの温めに

おいしいトーストが焼けるように、トースト専用のモードが搭載されています。

毎回、同じおいしさのトーストが味わえるという贅沢さが魅力的。

1度に4枚まで焼くことができるので、忙しいときでも効率がよく時短になります。

シンプルで簡単な操作

シンプルで簡単な操作

6つの調理モードを搭載しています。

「WARM」「BROL」「BAKE」「AIR FRY」「TOAST」「BAGLE」のそれぞれをダイヤルを回すだけで調節が可能。

さらに、温度設定なら90度から230度まで温度設定ができ、時間設定も1分から60分まで。

トーストの焼き色設定だってできて、トーストの焼き上がりをお好みの3段階で設定できる。

おしゃれなデザイン

おしゃれなデザイン

旧モデル「TOA-28J」は、スタイリッシュなデザインがとても人気を集めました。

その従来のシルバーカラーに加え、TOA-29Jシリーズでは、ブラックカラーが新登場。

キッチンやお部屋のイメージにあわせて、お好みのカラーが選べます。

スポンサーリンク

【まとめ】‎Cuisinart オーブントースター

【まとめ】‎Cuisinart オーブントースター

クイジナートのトースター

・6つのモードなど細かな設定ができる
・ノンフライ調理で健康もプラス
・レシピ本で料理のバリエーションが増える
・おしゃれでスタイリッシュなデザイン

どうせ買うなら新型の「TOA-29SJ」「TOA-29KJ」がおすすめ。

カラーは、あなたの好みでOK。

高級感あるデザインのトースターを置くだけで、キッチンが映えます。

いつもより楽しく料理を作ることも。

TOA-29SJ

 

TOA-29KJ

 

TOA-28J

以上、家電男児でした。

最後までご閲覧いただきありがとうございました。