スポンサーリンク

加湿もできるダイニチのセラミックファンヒーターEFH-1219D

暖房器具

どーも。家電男児です。

 

暖房器具を使用すると、どうしても部屋の空気が乾燥してしまいます。

空気の乾燥を防ぐためには、加湿器が必要です。

暖房器具と加湿器の2台必要となるところを、1つにまとめた暖房器具をご紹介します。

 

【ダイニチ】セラミックファンヒーター

「EFH-1219D」

 

1台で2役を担うセラミックファンヒーターの魅力に迫ります。

暖房器具を購入しようとされる方にぜひ、参考にしていただけると幸いです。

画像出典:ダイニチ

スポンサーリンク

加湿しながら温めるダイニチのセラミックファンヒーターEFH-1219D

まず、セラミックファンヒーターってどんなの?って思われる方が多いと思うので説明します。

セラミックファンヒーターとは?

セラミックファンヒーターとは、ガスや灯油などで燃焼させない暖房器具の1つ。

電圧をアルミにかけ、そこに風が通過させ、特殊加工されたセラミックスが発熱することで温風を出す、セラミックヒーターを熱源とした電化製品となる。

別名:電気ファンヒーターとも呼ばれる。

 

EFH-1219Dの主な特徴は?

EFH-1219Dの主な特徴について4つご紹介します。

・セラミックファンヒーターに加湿機能が搭載
・運転音が静か
・省エネ機能搭載
・安全機能が優秀

これらの機能について深掘りしていきます。

加湿機能で暖かいのにうるおう

セラミックファンヒーターEFH-1219Dには、加湿器が搭載されている。

通常、暖房器具は暖房器具。加湿器は加湿器。

と、1台につき1機能が当たり前だったが、これらを合体させて1台2役をこなす暖房器具となっている。

 

「2in1」には、どんなメリットがあるのか?

加湿機能とセラミックファンヒーターが一緒になっていると、どんなメリットがあるのか?

・加湿器を購入しなくていい
・空気の乾燥を防ぐ
・設置場所が1つでいい

このようなメリットがあげられます。

 

・加湿器を購入しなくていい

別途で加湿器を購入しなくても良いので、節約になります。

 

・空気の乾燥を防ぐ

セラミックファンヒーターだけ運転していると、空気が乾燥してしまう。

その乾燥した空気に潤いをあたえる。

 

・設置場所が1つでいい

本来ならセラミックファンヒーターと加湿器で2台設置しなければならない。

1台で済めば、広いスペースがなくても邪魔にならない。

 

【豆知識】空気が乾燥するとどんなデメリットがあるのか?

そもそも乾燥を防ぐことが良いとされているが、実際にどんなデメリットがあるのかをご紹介します。

・風邪やインフルエンザにかかりやすくなる
・肌や髪に悪影響

空気が乾燥すると、人の粘膜も乾燥してしまう。

例えば、「のどが乾燥している」って実感されたことがあると思います。

 

粘膜には、菌やウイルスから守る防御機能を持っています。

その粘膜が乾燥してしまうと、菌やウイルスは体内に簡単に侵入することができてしまう。

これにより、風邪をひいてしまったり、インフルエンザにかかってしまったりしてしまうのです。

 

また、肌や髪も乾燥してしまう。

肌が乾燥してしまうと、肌荒れかゆみを起こしてしまいます。

髪は、パサついてしまい、まとまりがなく広がってしまいます。

 

空気が乾燥するだけで、人に関してはこのようなデメリットを及ぼしてしまうので、注意が必要となります。

ちなみに、適正湿度は40%~60%と言われています。

目安でいいと思いますので、ご参考までに。

スポンサーリンク

運転音が静か

ダイニチのEFH-1219Dは、「強」運転でも30dB(デシベル)となっている。

静かな図書館よりも静かに運転します。

「強」運転でもその程度の運転音なので、全然気になりません。

 

運転音が静かだと何かと使いやすい。

例えば、勉強をするとき、睡眠をとるとき、テレビを見ているときなど。

静かな環境でないと、ストレスを感じてしまう場面ですよね。

こんな時に静かに運転してくれていると、とても助かります。

 

ただ注意点としては、静かなだけに消し忘れに注意が必要です。

もしも、消し忘れてしまっても大丈夫なような工夫も施されています。

これについては、次項で解説しています。

安心・安全機能が充実+省エネ

先ほど、注意点として「消し忘れ」について挙げました。

もしも、「ヒーターを消し忘れてしまった」というときも安心してください。

 

人をセンサーで検知しているので、人がいないと認識されると約5分経過すると自動でOFFになります。

この機能は、安全対策にもなれば、節電対策にもなります。

 

暖房器具は、火災の原因となるケースが多いので、しっかりと対策がされています。

 

また、トリプル安全装置を搭載しています。

1.耐震自動停止装置

地震が発生したとき、ヒーターとぶつかってしまったときなどの強い揺れを生じたときに作動し、自動で停止します。

 

2.室温以上自動停止装置

部屋の温度が高温になり過ぎてしまったときに作動し、自動で停止します。

 

3.過熱防止装置

温風が出る吹出口がふさがれたときに作動し、自動で停止します。

 

このように火災の対策、やけどの対策などしっかりと対策がなされており、安全性能が重視されています。

スポンサーリンク

【まとめ】ダイニチ「EF-1219D」

・加湿も同時にできる暖房器具
・運転音が静かでストレスフリー
・安全対策がしっかりとされている
・節約もできる

部屋の空気に関心が高まっています。

温度や湿度、清潔さなどが気にされているから、空気清浄機や加湿器が多く普及されていると感じられます。

その点では、ダイニチの加湿セラミックファンヒーターは、注目を集める暖房器具であると思います。

以上、家電男児でした。

最後までご閲覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

Amazonでお得にお買い物をする裏技をご紹介

近年、通販で家電を購入される方が多くなっています。

そこで、大手通販会社Amazonでお得にお買い物ができる方法をご紹介します。

 

方法はとっても簡単です。

Amazonで商品を購入する前に、「Amazonギフト券」を先にチャージしてから、商品をチャージした金額から購入するとお得になります。

 

どんな利益があるのか?

ギフト券を購入するだけで、今なら最大2.5%ものポイントをゲットできます。

さらに、そのギフト券を使用して商品を購入してもポイントがもらえます。

 

Amazonギフト券の購入画面はこちらへ。

アマゾンギフト券をチャージする

 

さらにアマゾンプライム会員だとさらに利率がアップ。 まずは、アマゾンプライム会員になってからAmazonギフト券をチャージしましょう。 初めての方でも安心できる30日間の無料体験も実施しています。  

アマゾンプライム会員についてはこちらから。

【公式】アマゾンプライム
暖房器具
家電男児をフォローする
スポンサーリンク
家電男児のおすすめ

コメント