【東芝の炊飯器を比較】上位モデル5機種の違いは?どれがおすすめ?

【東芝の炊飯器を比較】上位モデル5機種の違いは?どれがおすすめ?炊飯器
家電女児
家電女児

東芝の炊飯器を買おうと思っているんだけど、どのモデルがいいでしょうか?

家電男児
家電男児

東芝の炊飯器は性能がいいのに、価格が安いからとても人気が高いです。

つまり、コスパ最高って言ってもいいでしょう。

上位モデル5機種を比較し、どれがおすすめなのかを検討していきましょう。

今回、ご紹介する炊飯器がこちら

【東芝】真空圧力IH炊飯ジャー

・RC-10ZWP
・RC-10VXR/RC-18VXR
・RC-10VSR/RC-18VSR
・RC-10VPN
・RC-10VRR/RC-18VRR

こちらの5モデル8機種の違いをみていきましょう。

 

>>2021年版おすすめの炊飯器はコレだ!

本記事が炊飯器を購入される際の参考となれれば幸いです。

画像出典:東芝

スポンサーリンク

東芝 炊飯器の主な特徴

東芝 炊飯器の主な特徴

まずは、東芝の炊飯器の特徴についてみていきましょう。

東芝の炊飯器の特徴といえば

・真空状態での炊飯や保温
・炎匠炊き
・コスパが高い

この3つの特徴についてみていきましょう。

 

真空状態での炊飯や保温

東芝の炊飯器といえば、真空です。

要は、内釜の中を真空にしている技術。

 

真空にするとどのようなメリットがあるのか?

1つは、圧力差でお米の芯までたっぷり吸水することができます。

2つめは、お米の内部までしっかりと熱が加わり、ごはんの甘みがアップします。

 

だから東芝の炊飯器は、おいしいご飯を炊くことができるのです。

 

炎匠炊き

東芝独自の「炎匠炊き」。

多段階火力調節ができる炊飯器であるため、細かな火力調整が可能。

ご飯に甘みとふっくらさを引き出すためには、火力調整が必須。

 

また、強火で一気に炊き上げられるお米は、一粒一粒が立ちます。

まるで、かまどで炊いたようなおいしいご飯が炊けます。

 

コスパが高い

炊飯器で有名な「象印」や「タイガー」、「パナソニック」などと比べると価格が安い。

とはいえ、機能での劣りもみられない。

 

炊飯器で10万円も出せない、いい炊飯器を安く買いたい、コスパ重視だ、という方におすすめは東芝の炊飯器だ。

【東芝の炊飯器を比較】上位モデル5機種の違いは?どれを選ぶ?

【東芝の炊飯器を比較】上位モデル5機種の違いは?どれを選ぶ?

東芝の炊飯器を買うなら、上位モデルを選ぶことをおすすめします。

なぜなら、上位モデルでありながらとても安く買えるからです。

他のメーカーでは、中堅から安価モデル並みの価格で、東芝の炊飯器なら上位モデルが購入することができます。

 

値段が安いのに、おいしいご飯を食べられるコスパ最高の炊飯器なので、今からご紹介する5機種の中から選ぶといいと思います。

それでは、1機種ずつの特徴をみていきましょう。

 

RC-10ZWP

RC-10ZWP

東芝の炊飯器の中で、最上位のハイエンドモデル「RC-10ZWP」。

唯一、内釜が「備長炭 かまど本羽釜」を採用しています。

厚みが7mmと分厚くてしっかりと熱を蓄えることができる。

さらに、内釜保証が5年と長期間交換できるので、安心感もあります。

 

また、炊き分けできるパターンが豊富なので、様々な銘柄や炊き方に対応している。

自分好みの炊き方で、おいしいご飯を楽しむことができます。

 

RC-10VXR/RC-18VXR

RC-10VXR/RC-18VXR

RC-10VXR」「RC-18VXR」は、東芝 炊飯器の上位モデル。

2021年モデルとして人気が高い。

ハイエンドモデルと比較しても、見劣りしないスペックである。

 

東芝の強みでもある”炎匠炊き”、”鍛造かまど備長炭釜”を搭載。

「細かな設定したい」という方には不向きだが、楽しておいしいご飯を食べたいならコレがおすすめ。

※RC-10VXRは5.5合炊き、RC-18VXRは1升炊き

 

RC-10VSR/RC-18VSR

RC-10VSR/RC-18VSR

RC-10VSR」は3万円台で買えるコスパ最強モデル。

釜やコーティングについては、多少違いがあるが炊き方は同じ。

 

高火力でお米の一粒一粒が立ち、ふっくらとしたご飯を炊き上げてくれる。

銅釜の良さを出し、かまどのような熱対流でおいしさを高めてくれます。

 

※RC-10VSRは5.5合炊き、RC-18VSRは1升炊き

 

RC-10VPN

RC-10VPN

RC-10VPN」は、スタイリッシュで高スペックモデル。

シンプルながらも高級感のあるデザインが人気が高い。

 

デザインだけでなく、機能も優秀である。

おいしさを引き出すために、内釜の中を真空にし、圧力差でお米の芯まで吸水させます。

しっかり水を吸ったお米は、芯まで熱が伝わりα化を促進される。

これにより、ごはんの甘みが大幅にアップ。

おいしさ+おしゃれさも重視するならコレ。

 

RC-10VRR/RC-18VRR

RC-10VRR/RC-18VRR

東芝の真空IHを搭載したもっとも安いのが「RC-10VRR」「RC-18VRR」。

価格はなんと2万円台。

そこらの低価格の炊飯器を買うなら、絶対に「RC-10VRR」にした方がいいと言いたい。

 

「安いからって大したことがないのでは?」と思うかもしれないが、決してそんなことはありません。

炊き方は、上位モデルと同様に「炎匠炊き」である。

大火力と火加減の調整ができる優れた炊飯器です。

少しでも価格を抑えたいという方におすすめです。

スポンサーリンク

東芝炊飯器の比較表「これで違いが分かる」

東芝炊飯器の比較表「これで違いが分かる」

5機種が分かりやすいように比較表にしてまとめています。

型番RC-10ZWPRC-10VXRRC-10VSRRC-10VPNRC-10VRR
カラーグランブラック
グランホワイト
グランブラック
ホワイト
グランブラック
ホワイト
グランブラックグランブラック
ホワイト
炊き技炎匠炊き炎匠炊き炎匠炊き合わせ炊き炎匠炊き
内釜備長炭かまど本羽釜鍛造かまど備長炭釜鍛造かまど銅釜鍛造かまど備長炭釜鍛造かまど銅釜
コーティング(外)備長炭入り遠赤外線コート備長炭入り遠赤外線コート銅コート備長炭入り遠赤外線コート銅コート
コーティング(内)ダイヤモンドチタンコートダイヤモンドチタンコートダイヤモンドチタンコートダイヤモンドチタンコートダイヤモンドチタンコート
釜底WAVE14本7本7本7本7本
炊き分け「かまど名人」炊き分け11通り

「甘み炊き」炊き分け3通り

「ねらい炊き」炊き分け3通り

「本かまど」炊き分け5通り

「甘み炊き」

「ねらい炊き」 炊き分け3通り

銘柄炊き分け

「本かまど」炊き分け5通り

「甘み炊き」

「ねらい炊き」 炊き分け3通り

「本かまど」炊き分け5通り

「甘み炊き」

「本かまど」炊き分け3通り

「甘み炊き」

お手入れコース対応

※一升炊きの型番は省いています。釜底WAVEの数以外は、全て同じです。

 

機能性では、最上位モデルの「RC-10ZWP」が頭一つ抜けている。

しかし、低価格のモデルも大きな劣りもない。

 

釜の違いが価格差が決まっているようにも感じられる。

やはり、炊飯器の釜はとても重要である。

東芝最新モデルの炊飯器 おすすめは「RC-10VXR」「RC-10VPN」

東芝最新モデルの炊飯器 おすすめは「RC-10VXR」「RC-10VPN」

東芝の最新モデルの炊飯器5機種の中で、おすすめは「RC-10VXR」と「RC-10VPN」です。

理由は、価格と内釜にあります。

 

価格は、5万円前後で購入することができるお手頃価格であるため。

もう一点は、内釜の性能がすばらしいこと。

 

この2つの点から、コスパの高い炊飯器と言えます。

もしも、炊飯器選びで悩んでいるのなら、これらの2機種「RC-10VXR」または「RC-10VPN」がおすすめです。

スポンサーリンク

【まとめ】東芝 炊飯ジャー「コレにして良かった」

【まとめ】東芝 炊飯ジャー「コレにして良かった」

東芝 真空IH炊飯器

・どれもお手頃価格で買いやすい
・大火力と対流でお米の旨さを引き出す
・真空技術は東芝の強み
・RC-10VXRとRC-10VPNがおすすめ

超高級クラスの炊飯器を買おうと思うと10万円以上します。

東芝の炊飯器は5万円以下で買えるものが多く、非常にコスパが高いです。

 

いい炊飯器を安く買おうと思うなら東芝がおすすめ。

使い方もシンプルで誰でも簡単に操作もできますよ。

 

今回紹介した最新上位モデルの東芝炊飯器がこちら

 

RC-10ZWP

 

RC-10VXR

 

RC-10VSR

 

RC-10VPN

 

RC-10VRR

以上、家電男児でした。

最後までご閲覧いただきありがとうございました。