【2020年モデル】東芝冷蔵庫「FZ・GZシリーズ」新機能が便利過ぎ

冷蔵庫

どーも。家電男児です。

 

2020年4月下旬(GZシリーズ)と5月上旬(FZシリーズ)に発売予定とされている東芝の新型冷蔵庫。

新しい機能が搭載されましたが、とても便利な機能であったためご紹介したいと思います。

 

【東芝】冷蔵庫

FZシリーズ/GZシリーズ

 

同時に6機種が発売されると言うことです。

この記事では、上記の「6機種の違い」、「新しく搭載された機能の解説」をしていきます。

ご購入の際の参考になれれば幸いです。

画像出典:東芝

スポンサーリンク

【2020年モデル】東芝冷蔵庫「FZ・GZシリーズ」新機能が便利過ぎ

まず、発売される6機種について見ていきましょう。

6機種の型番がこちら

FZシリーズ

・GR-S600FZ
・GR-S550FZ
・GR-S510FZ
・GR-S460FZ
GZシリーズ
・GR-S500GZ
・GR-S470GZ

 

FZシリーズが4機種でGZシリーズが2機種となっています。

次項で、FZシリーズとGZシリーズの違いについて解説します。

 

新しく搭載された機能がこちら

・氷結晶チルド
・USBポート搭載
「食材管理機能」「みまもり機能」搭載

それぞれどんな特徴で、どんなメリットがあるのかをご紹介します。

FZシリーズとGZシリーズの違いは?

FZシリーズとGZシリーズの違いがこちら

・容量の大きさ
・冷蔵室の扉
・価格

機能性に関しては、違いがありません。

 

冷蔵室の扉の違いが、FZシリーズはフレンチドア(観音開きタイプ)で、GZシリーズが片開きのタイプになっています。

使い勝手の良さの違いで、価格がFZシリーズの方が高価となっていると言うことです。

 

なので、冷蔵室がフレンチドアにこだわりが無ければ、GZシリーズの方がお得に購入することができます。

 

また、容量に関しては、シリーズの違いというか、型番によって容量が異なります。

・GR-S600FZ:601L
・GR-S550FZ:551L
・GR-S510FZ:508L
・GR-S460FZ:461L
・GR-S500GZ:501L
・GR-S470GZ:465L

 

それでは、次に2020年モデルに新搭載された機能についてみていきましょう。

スポンサーリンク

氷結晶チルド

新搭載されたのは、今注目されているチルド室。

どのメーカーもチルドルームに力を入れており、いかに新鮮なまま保存できるかが勝負の鍵となる。

 

東芝の冷蔵庫では、「氷結晶チルド」を新しく搭載された。

「氷結晶チルド」は、食材の表面に薄い氷の膜を作り、菌の繁殖や酵素の活動を抑える効果があるチルドルームとなっている。

これにより、冷凍しなくても最長でお肉が10日間、お刺身で7日間の長期保存が可能です。

 

さらに、除菌LEDや新搭載された除菌脱臭装置「Ag+セラミック光触媒」によって、清潔性が向上しています。

USBポート搭載

冷蔵庫に給電用のUSBポートを搭載するという、驚きの機能を追加されています。

これは業界初の試みで、需要が高いのではないかと思っています。

 

とはいえ、少し残念な部分があって、それは充電中にスマホを置く場所が確保されていない点です。

冷蔵庫の近くに棚などがあれば問題ありませんが、無かったときには少し不便かなって思います。

 

対策としては、長めのケーブルを使用したり、近くに椅子や棚などを置いておくこと。

これにより対策はできるんじゃないかなって思います。

 

そもそもUSBポートが冷蔵庫に搭載されていて、どんなメリットがあるのか?

・スマホを充電しながらレシピが見られる
・音楽が聴ける
・そのほか小物家電が使用できる

こんなメリットが挙げられます。

 

より使い勝手が良くなり、便利に思うことがあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

「食材管理機能」「みまもり機能」搭載

スマホで冷蔵庫が管理できる「食材管理」機能、「みまもり」機能が搭載されました。

どちらとも東芝のスマートフォン専用アプリ「IoLIFE(アイオーライフ)」をダウンロードすることで使用できます。

これら2つの機能について解説していきます。

「食材管理」機能

「食材管理」機能とは、名前の通り冷蔵庫内に保存している食材を管理できる機能です。

冷蔵庫に入っている食材のリストを作成することができます。

 

これにより、食材の買い忘れ、重複して食材を購入してしまうことが防げます。

これは結構みなさんもご経験があると思いますが、こんな失敗が無くなるのはありがたいですよね。

 

それに、食材が多くなり過ぎて消費できず、ムダになってしまったりすることが無くなります。

これって結構ストレスを感じてしまうことがあると思いますので、とてもありがたい。

 

※「食材管理」機能は、2020年夏以降順次サービス開始予定。

「みまもり」機能

「みまもり」機能とは、冷蔵庫の扉の開閉や冷蔵庫周辺の温度が管理できる機能です。

 

例えば、設定した時間帯に扉が開いたり、扉の開閉がないときに知らせてくれます。

その他、扉の開閉状況を設定条件によって通知することができます。

 

これにより、お子様の帰宅、おじいちゃんやおばあちゃんの状況を、外出先から確認することができます。

1人暮らしや留守番してもらっているときに役立ち、安心できる機能です。

 

また、冷蔵庫の周辺の温度が上昇し過ぎている時(30℃と35℃)も通知してくれます。

ペットを飼っていたりして、部屋の温度が高くならないか心配されなくても大丈夫です。

 

※「みまもり」機能は、2020年春以降順次サービス開始予定。

【まとめ】東芝FZシリーズ・GZシリーズ

東芝の冷蔵庫FZシリーズ・GZシリーズをまとめると

・シリーズの違いは、容量、扉、価格
・フレンチドアにこだわらなければ、価格的にはGZシリーズがおすすめ
・チルド室で食材が新鮮に長持ちできる
・USBポートが搭載された
・冷蔵庫内の食材を管理できる
・冷蔵庫で子供の見守りができる

2020年モデルでは、とくに便利機能を中心にパワーアップしていると感じました。

冷蔵庫選びも冷蔵冷凍機能だけでなく、便利さや使い勝手の良さも注目する必要があると思います。

 

FZシリーズ・GZシリーズは、便利さの面では他の冷蔵庫を圧倒していると思わされました。

以上、家電男児でした。

最後までご閲覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

Amazonでお得にお買い物をする裏技をご紹介

近年、通販で家電を購入される方が多くなっています。

そこで、大手通販会社Amazonでお得にお買い物ができる方法をご紹介します。

 

方法はとっても簡単です。

Amazonで商品を購入する前に、「Amazonギフト券」を先にチャージしてから、商品をチャージした金額から購入するとお得になります。

 

どんな利益があるのか?

ギフト券を購入するだけで、今なら最大2.5%ものポイントをゲットできます。

さらに、そのギフト券を使用して商品を購入してもポイントがもらえます。

 

Amazonギフト券の購入画面はこちらへ。

アマゾンギフト券をチャージする

 

さらにアマゾンプライム会員だとさらに利率がアップ。 まずは、アマゾンプライム会員になってからAmazonギフト券をチャージしましょう。 初めての方でも安心できる30日間の無料体験も実施しています。  

アマゾンプライム会員についてはこちらから。

【公式】アマゾンプライム
冷蔵庫
家電男児をフォローする
家電男児のおすすめ

コメント