【トリア 脱毛器4X レビュー】メンズの僕が脱毛体験「ヒゲの永久脱毛を目指して」

【トリア 脱毛器4X レビュー】メンズの僕が脱毛体験「ヒゲの永久脱毛を目指して」おすすめ家電
家電男児
家電男児

家庭用脱毛器の中で唯一のレーザー式脱毛器を試してみました。

光脱毛とレーザー脱毛との違いも解説します。

今回、ご紹介する脱毛器がこちら

【tria BEAUTY】家庭用脱毛器

「トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X」

 

家庭用脱毛器の中で、レーザー脱毛ができるのはトリアだけ。

さらに、医療レーザーを応用している脱毛器は世界でみてもトリアだけ。

\2年保証+プレゼントは公式サイトだけ/
トリア公式サイトへ

 

トリア4Xのココがおすすめ!

✅レーザー脱毛だから強力に脱毛
✅安くて、お手軽に脱毛できる
✅効果がなければ返金OK

アメリカでは、FDA(Food and Drug Administration)から医療機器の認定を受けています。

FDAは、日本でいう厚生労働省のような機関のことで、国から認められているということ。

※FDA=アメリカ政府機関「食品医薬品局」

 

つまり、効果や安全性にも信頼できる脱毛器であると言える。

>>効果を実感できるレーザー脱毛器。トリアで憧れのツルすべ肌を。

 

そんな世界的にも人気の高いトリア家庭用脱毛器4Xを実際に使用していきたいと思います。

本記事が家庭用脱毛器を購入される際の参考となれれば幸いです。

スポンサーリンク

トリアの家庭用脱毛器 4Xをレビュー「ヒゲ脱毛で試してみた」

トリアの家庭用脱毛器 4Xをレビュー「ヒゲ脱毛で試してみた」

脱毛効果の高いという噂のレーザー脱毛器トリア4Xを入手したので、レビューしていきたいと思います。

トリア家庭用脱毛器4Xの開封から使用するまで、流れに沿いながら解説していく。

>>本格派家庭用脱毛器・家庭用美容レーザー

トリア4Xの外観と付属品を観察

トリア4Xの外観と付属品を観察

箱から開けるとこんな感じで収納されています。

 

付属品がこちら

triaの付属品

・tria本体
・アダプター
・取扱説明書/クイックガイド

付属品はシンプルにこれだけ。

ごちゃごちゃしていなくていいんじゃないでしょうか。

 

本体の外観

外観もシンプルで形としてはドライヤーに似ている。

とても持ちやすい形状となっています。

ピンク色の取っ手の部分は、マットな感じの質感で、滑り止めの働きもありそう。

 

triaの照射口

レーザー脱毛器トリア4Xの照射口は、直径1cmで小さい印象。

細かな部分も照射しやすそうです。

 

トリア表示画面

4Xには、ディスプレイが搭載されており、とても分かりやすい。

ディスプレイで確認できることがこちら。

・出力レベル(1~5)
・照射回数
・バッテリー残量

一目で分かりやすく表示されています。

ちなみに、ピンク色のボタンを押すと、出力レベルが変わります。

長押しすると電源のオンとオフの切り替えができる。

 

>>効果を実感できるレーザー脱毛器。もっと続くプロの仕上がり。

トリア4Xの使用感・痛みの度合い

トリア4Xの使用感

実際に施行してみると、照射されるとピンクから赤色のような光が出ます。

光脱毛のように眩しさは感じられないので、サングラスはいらない。

 

手の届く範囲なら、かなりやりやすかったです。

背中などの手が届きづらい部分や見えづらい部分は、1人では難しい印象でした。

 

どのくらいのものか試しに、腕に照射してみると、あまり痛みは感じない。

次に、ヒゲに照射すると、毛を抜いたくらいの痛みが走りました。

 

脱毛する部位によって、痛みが全然違ったので、様々な部位を試してみた。

痛かった順にまとめています。

1位:ヒゲ
2位:ワキ
3位:Vライン
4位:足
5位:腕
6位:手の甲

※個人差があります。

毛の太さ、密集度、感覚度合いによって違いがありました。

 

上位3ヶ所は、ダントツで痛みがでました。

初めは無理をせずに、弱い出力で施行することをおすすめします。

トリアの脱毛器「4X」のメリットとデメリットは?

トリアの脱毛器「4X」のメリットとデメリットは?

レーザー脱毛器トリア4Xを実際に利用してみて感じたメリットとデメリットをご紹介します。

効果の高いものだと感じましたが、もちろん全員に満足できるものではありません。

 

とはいえ、紹介するデメリットに当てはまらなければ、かなり満足できる脱毛器であると思いました。

 

トリア4Xのメリット

トリア4Xのメリット

トリア4Xのメリットがこちら

・クリニックやサロンに通わなくていい
・家庭用レーザー脱毛はトリアだけ
・半永久的に生えてこない可能性が高い
・コードレスだから使いやすい
・ランニングコストがかからない

それぞれみていきましょう。

 

クリニックやサロンに通わなくていい

そもそも家庭用脱毛器であるだけで、クリニックやサロンに通わなくてもいいというメリットがあります。

基本的にレーザー式脱毛器を扱っているのは、クリニックになる。

サロンは、光脱毛となっています。

 

つまり、レーザー式脱毛は、医療行為とみなされており、刺激が強く効果が高いといえる。

レーザー式脱毛を施行してもらおうと思うと、クリニックに通う必要があります。

 

クリニックでは、費用が高かったり、通うのが面倒だったりとデメリットも多い。

ですが、家庭用のレーザー式脱毛器であれば、コスパが高く、効果も期待でき、気軽にできます。

 

家庭用レーザー脱毛はトリアだけ

実は、家庭用のレーザー脱毛ってトリアだけなんですよ。

というのも、トリアが特許を独占しているから、他のメーカーが販売しているのは家庭用の光脱毛器なのです。

 

クリニックで使用しているレーザー式脱毛器が、ご家庭で使用できるメリットはとても魅力的。

もちろん、クリニックよりもパワーは抑えているので、安心して使用することができます。

 

半永久的に生えてこない可能性が高い

レーザー式脱毛器は、毛根部に直接はたらきかけるので、半永久的に生えてこない可能性が高くなります。

つまり、回数を重ねることで、お手入れをする回数が減るということ。

 

脱毛しているにも関わらず、効果がなかったり、お手入れの頻度や手間が変わらなかったら意味がありませんよね。

トリア4Xならその心配はないと感じました。

 

 

コードレスだから使いやすい

いくつかの家庭用脱毛器も使用してみましたが、わりとありがたいのがコードレスであること。

コードレスであれば、家のどこでもでき、脱毛中に邪魔にならないし、とってもラクでした。

 

軽くみられがちなところですが、コードレスのありがたさが実感できると思います。

 

ランニングコストがかからない

多くの家庭用脱毛器は、カートリッジが必要で照射回数が設定されています。

その設定回数を超えると取り替える必要があり、1つ数万円かかる場合もある。

なので、本体が安かったりしても意味がないと感じます。

 

ですが、トリア4Xなら取り付けるカートリッジがそもそもありません。

だから本体が壊れるまで使用できます。

ランニングコストがかからない点もすごく魅力的だと思いました。

\2年保証+プレゼントは公式サイトだけ/
トリア公式サイトへ

 

トリア4Xのデメリット

トリア4Xのデメリット

トリア4Xのデメリットがこちら

・痛い
・全身脱毛には向いていない

デメリットについても、それぞれみていきましょう。

 

痛い

レーザー脱毛はパワーがあるだけに光脱毛と比べても痛みを生じます。

実際に試してみても痛かったです。

 

とくに痛みを感じやすい部分は、パワーを一番弱くしてから始めることをおすすめします。

髭を脱毛しているときは、毛を一本一本抜かれているような感じでした。

 

対策としては、しっかりと冷やすこと。

感覚がなくなるまで冷やすことで痛みを大幅に抑えることができます。

 

とはいえ、それだけパワーがあるので、施行回数が減ると思うと、我慢できるかなと。

 

全身脱毛には向いていない

光脱毛と違って照射面積が小さい。

直径1cmの円形だから、全身を脱毛しようと思うと、かなりの時間がかかってしまいます。

 

どうしてもトリアで全身脱毛をしたいのであれば、日にちで部位ごとに分けて施行するといいと思います。

今日は顔、次の日は腕、足…のように分割して行うようにしましょう。

 

一度に全身を脱毛するのは、体にも負担がかかってしまうので、ちょうどいいのかもしれません。

スポンサーリンク

レーザー脱毛と光脱毛との違いは?「レーザー脱毛の方が効果が高い」

レーザー脱毛と光脱毛との違いは?「レーザー脱毛の方が効果が高い」

家庭用脱毛器でレーザー式はトリアだけとお伝えしましたが、レーザー脱毛と光脱毛の違いはどういったところなのか?

わかりやすく解説していきます。

 

レーザー脱毛とは?

レーザー脱毛は、医療行為です。

医療扱いなので、もちろん出力が強いということ。

出力が強いと、レーザーがしっかりと毛根までとどき、根こそぎ脱毛することができます。

 

だからレーザー脱毛のほうが効果が高いと言われているのです。

もちろん、トリアは医療用よりも出力が抑えられており、心配もいりません。

 

レーザー脱毛の欠点は、痛みが光脱毛よりも強いこと。

痛みは強いが、脱毛頻度や回数が少なくて、即効性が高いというメリットもあります。

 

もしも、痛みがどのくらい強いか不安な方は、レーザー脱毛器トリア4Xなら30日以内なら返金してもらえるので、試してみてはいかがでしょうか。

もし痛くて我慢できないレベルなら返金してもらおう。

 

光脱毛とは?

光脱毛は、毛根まで届かないことが多い。

なぜなら、光はレーザーと違い、直進性がないから。

直進的に光が届かないと毛根まで届かずに、表層の毛を破壊しているのと同じです。

 

もちろん、光脱毛だと脱毛できないわけではなく、時間がかかりますよと言うこと。

レーザー脱毛がクリニックに対して、光脱毛を施行しているお店は、「サロン脱毛」「エステ脱毛」「IPL脱毛」と言われています。

 

家庭用の光脱毛器は、照射面積が広く、照射する回数が制限されているものが多い。

ですが、光脱毛の魅力は痛みが弱いということ。

痛みに弱い方なら、光脱毛をおすすめします。

光脱毛は効果が低く、回数はレーザーと比べて多くやらなければいけないデメリットもある。

\2年保証+プレゼントは公式サイトだけ/
トリア公式サイトへ

【比較】トリア・パーソナル レーザー脱毛器 4Xとトリア・パーソナル レーザー脱毛器 プレシジョンの違いは?

【比較】トリア・パーソナル レーザー脱毛器 4Xとトリア・パーソナル レーザー脱毛器 プレシジョンの違いは?

トリアビューティーからレーザー式脱毛器が2機種販売されています。

・トリア・パーソナル レーザー脱毛器 4X
・トリア・パーソナル レーザー脱毛器 プレシジョン

それぞれの特徴や違いを比較してみていきましょう。

あなたはどちらを選ぶ?

 

トリア・パーソナル レーザー脱毛器 4X

トリア・パーソナル レーザー脱毛器 4X

トリア・パーソナル レーザー脱毛器「4X」は、ハイスペックモデル。

お金を少しでも抑えたいという方以外なら、確実に4Xがおすすめです。

レベル調節が5段階、一度に全身脱毛できるだけの使用時間を完備しているから。

 

プレシションよりも重かったり、価格が高かったりとデメリットはありますが、総合的にみると4Xがいいと思います。

 

トリア・パーソナル レーザー脱毛器 プレシジョン

トリア・パーソナル レーザー脱毛器 プレシジョン

トリア・パーソナル レーザー脱毛器「プレシジョン」は、ハンディモデル。

安くてコンパクトさを重視されている方にマッチしている。

 

4Xと比べて、利便性に欠けるもののコンパクトなサイズで軽く、価格が安いメリットがある。

持ち運びにも便利な点も高評価。

全身というよりも、部分的な脱毛がしたいという方におすすめ。

 

【まとめ】4xとプレシジョンの違い

トリアの4xとプレシジョンの違いが、簡単にまとめます。

4Xプレシジョン
販売価格40,530円(税込)32,380円(税込)
重さ約584g約200g
レベル調整5段階(1~5レベル)3段階(1,3,5レベル)
照射面積直径1cm(円形)直径1cm(円形)
連続使用時間最短30分最短15分
ディスプレイ照射カウンターを表示
特徴全身にプロ仕様のお手入れがスピーディーに実現細かく敏感なヶ所のお手入れに適した超スリム設計

※販売価格は2021年4月時点の価格。

※連続使用時間は、最大のレベルで使用した場合なので、最短時間を表記しています。レベルを低くすることでさらに、連続使用時間はのびます。

 

4Xの方が価格が高いこともあり、充実している。

プレシジョンは、顔やVラインなどの細かな部分を施行する際に使いやすい。

4Xでも細かなところもやりやすい設計となっているので、価格さえ問題なければ4Xがおすすめです。

>>効果を実感できるレーザー脱毛器。もっと続くプロの仕上がり。

スポンサーリンク

トリア4Xの使い方「注意点は?」「保証は?」

実際にトリア4Xを使用になる前に、使い方を把握することと、どんなところに注意するべきなのか?を知っておきましょう。

知らずに買うと後悔してしまう場合があるので、念のため。

 

正しい使用方法

使い方はとってもシンプルで、他の脱毛器とほぼ変わりません。

①ムダ毛を剃る
②照射する部位を冷やす
③照射する
④ローションで整える

たったこれだけです。

 

重要だと感じた点が、冷やすことと整えることだと思いました。

冷やし方があまいと痛みが強いので、感覚がにぶくなるまでしっかりと冷やしましょう。

 

それと照射後のクールダウン。

トリアからスージングジェルが販売されていますが、家にあるローションでも構いません。

照射後は、しっかりと肌を守ってあげましょう。

>>【トリアビューティー】

 

照射のコツ・部位・回数

照射のコツ

照射のコツ・部位・回数

照射のポイントは、画像のように照射される部分が重なるようにしましょう。

脱毛ムラが最小限に抑えられます。

 

照射可能な部位と回数・時間の目安

照射部位目標照射回数所要時間
ワキ(片方)100回4~5分
ビキニライン(片方)200回8~10分
鼻の下25回2~3分
太もも・ひざ下(片方)600回25~30分
肘下250回12分

 

\2年保証+プレゼントは公式サイトだけ/
トリア公式サイトへ

注意点

使用してはいけない点

・鼻から上の部分
・Vライン以外のデリケートゾーン
・ほくろ、しみなどの肌より濃い色の部分
・日焼け、ピーリングで肌が敏感な状態
・妊娠中の方
・18歳未満の方

この6項目に当てはまる場合や部分には使用しないように注意しましょう。

 

満足しなかったら返金してもらおう

トリアビューティーは、アフターサービスも充実しています。

・最大2年間の保証(公式サイトで購入は2年)
・30日間の返金保証

壊れてしまっても保証が利くし、満足しなくても保証してくれます。

それだけの自信がある脱毛器と言えるでしょう。

 

最大2年間の保証(公式サイトで購入は2年)

トリア4Xは、公式ショップのほか、楽天市場や家電量販店などでも購入することができます。

どこで購入しても価格は同じとなっています。

 

ですが、公式サイト内のショップで購入することで、保証期間が1年余分についてきます。

通常、保証期間は1年とされていますが、公式ショップからの購入に限り2年保証となっている。

 

安心して使いたい方は、公式ショップからのご購入をおすすめしています。

確実にお得だと思います。

 

30日間の返金保証

もしも万が一、満足できなかった場合は返金保証もついています。

悩んでいるなら、試しに使ってみるのも一つの手かなと思います。

 

実際に使ってみて、満足できたらそのまま使えばいいし、痛くて無理ってなれば返金してもらえばいい。

気軽に試せるのも魅力的ですね。

>>トリア4Xを試してみる

【まとめ】トリア・パーソナル レーザー脱毛器 4X

【まとめ】トリア・パーソナル レーザー脱毛器 4X

トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X

・家庭用レーザー脱毛器はトリアだけ
・痛いが脱毛能力が高い
・コスパ最高

・アフターサービスも充実
・公式ショップからの購入がおすすめ

トリア4Xは、お金をかけたくない、家で脱毛がしたい、回数を減らしたい、そんな方に合った脱毛器だと思います。

 

おうち時間が長い今、自分を磨く時間に使ってみてはいかがでしょうか?

男性でも女性にも使用できるので、カップルやご夫婦で一緒に使うのもいいと思います。

 

\2年保証+プレゼントは公式サイトだけ/
トリア公式サイトへ

以上、家電男児でした。

最後までご閲覧いただきありがとうございました。