【2021年版】空気清浄機 おすすめ12選「買ってよかった」と思える1台を

【2021年版】空気清浄機 おすすめ「買ってよかった」空気清浄機
家電女子
家電女子

おすすめの空気清浄機を教えてください。

どれを選べばいいのかさっぱりです。

家電男児
家電男児

おすすめの空気清浄機は、家の環境、どこまでしっかりと清浄したいか、などご家庭によって違ってきます。

それぞれの環境によっておすすめの機種や選び方も解説しましょう。

今の時代、空気清浄機が1年間、常に運転させる必要があります。

「花粉対策」「ウイルス対策」「大気汚染対策」「カビ対策」など、1家に1台以上を必要としています。

 

ちなみに私の家では、空気清浄機4台をフル稼働させています。

しかし、空気清浄機の種類は数え切れないくらいあり、どれを購入したらベストなのか?お困りの方が多くいらっしゃると思います。

 

そこで今回は、2021年に「この空気清浄機で良かった」「買ってよかった」と思える空気清浄機を12選ご紹介します。

ぜひご参考になれればと思います。

 

また、簡単に空気清浄機の選び方のポイントも解説していますので、買って後悔しないためにもチラッと覗いてみてください。

「機種だけ知りたい」という方は、選び方のポイントは飛ばして見てください。

スポンサーリンク

空気清浄機の選び方

空気清浄機の最適な選び方として最も重要とされる要素が、「自分の家に合っているか」というポイントです。

 

次項で紹介する、私が選んだ空気清浄機があなたにとっては最適ではありません。

まず、あなたの家もしくは部屋に合っているか?という判断材料が重要です。

 

その判断するポイントがこちら

・部屋の広さは?
・ニオイ、汚れ、ウイルスのどれを重要視?
・加湿機能は内蔵していた方がいいか?
・メンテナンスとランニングコストは?

以上の項目について、ご自身のご家庭と照らし合わせてください。

それぞれ簡単に解説していきます。

 

部屋の広さは?

空気清浄機能には、適用床面積が記載されています。

適用床面積とは、この空気清浄機1台で○○畳の部屋の広さまで、部屋をキレイにするのに適していますよっていう目安です。

 

例えば、部屋の大きさが20畳あるのに対して、空気清浄機の適用床面積が10畳だとします。

この場合だと部屋が広過ぎてしまい、部屋をキレイにするまでに時間がかかってしまったり、空気を全体に循環できずにムラができてしまいます。

それでは非効率で、しっかりとした効果が出ません。

 

なので、設置しようとする部屋の広さと空気清浄機の適用床面積を、なるべく近いもの・適用床面積が広いものを選びましょう。

 

目安としては、一人部屋や寝室なら10畳くらい。

リビングなら20畳くらい。

必ずしも完全に一致しなくても大丈夫で、適用面積の方が大きいものを選ぶと失敗はないでしょう。

 

ニオイ、汚れ、ウイルスのどれを重要視?

メーカーや機種によって「ニオイ」「汚れ」「ウイルス」どの分野で、効果が高いとされているのかが違ってきます。

ニオイ

ニオイに関してはイオンを放出させるタイプの方が効果が高いです。

脱臭フィルターを搭載しているものがほとんどですが、この脱臭フィルターを通過しないと効果が発揮されないからです。

その前にイオンの力でニオイを抑制した方が、素早い効果があります。

 

汚れ

汚れに関しては、汚れの定義をはっきりとさせておきます。

まず、空気清浄機で取れる「汚れ」とはどんなものを指すのか?

花粉、PM2.5などの汚染物質、ハウスダストなどの小さな微粒子のことをいいます。

 

そして、これらの汚れを取り除くには、フィルターが肝心です。

おすすめのフィルターは、「HEPAフィルター」というフィルターを搭載しているものを選びましょう。

JISがHEPAフィルターをこう規定しています。

定格風量で粒径が0.3 µmの粒子に対して99.97%以上の粒子捕集率をもち、かつ初期圧力損失が245Pa以下の性能を持つエアフィルターのこと

かなり小さな微粒子をしっかりとキャッチできる優れものです。

 

また、メーカーによっても名称が違ったり、さらに高性能なフィルターを搭載しているものもあります。

なので、どのくらいの性能であるかをしっかりと把握しましょう。

 

ウイルス

ウイルスに関しては、イオンによって無力化されたり、抑制ができたりという効果も報告されています。

また、フィルター性能が高性能であれば、ウイルスをフィルターで捕集することもできます。

なので、ウイルスに対してはどちらも搭載していると、より効果的と言えます。

 

さらに言うと、次亜塩素酸を空気中に放出するとかなり効果が高いようです。

例えば、パナソニックのジアイーノやクレベリンで次亜塩素酸を利用して空気をキレイにしています。

 

加湿機能は内蔵していた方がいいか?

加湿機能が搭載された空気清浄機が主流となっていますが、賛否両論あります。

加湿機能付きであれば、加湿器を購入しなくて済み、場所をとらないというメリットがあります。

 

デメリットとしては、加湿器のお手入れを同時にしなければいけない。

また、加湿する部分が汚れていたら、逆に汚い空気を部屋中に循環させてしまうおそれがあるのです。

 

加湿器は清潔に保たないと逆効果になってしまうので、お手入れの面では加湿機能が搭載されていないほうが楽です。

 

個人的には加湿機能は搭載されていなくてもいいのではないかと考えています。

とはいえ、現状わたしの家にある空気清浄機はすべて加湿機能付きの空気清浄機です。

加湿器としては、使用していませんけど。

【悲報】実は空気清浄機に加湿機能はないほうがいい3つの理由

 

メンテナンス

メンテナンスする部分としては、先ほどありましたが加湿機能付きでしたら、加湿部分のお手入れがとても大変です。

 

また、プレフィルターと言って、HEPAフィルターより前に大きなゴミをキャッチするフィルターがあります。

そのフィルターは掃除機などで簡単にお掃除することができますが、半年に1度くらいは水洗いをすることを推奨します。

案外と目詰まりしてしまうので。

 

「空気清浄機に時間や労力をとられたくない」という方に、自動でフィルターの清掃ができる空気清浄機もあります。

 

ランニングコスト

ランニングコストは、主にフィルターの寿命によるものです。

短いもので半年に1度の交換を推奨されていたり、中には10年間も使用できるフィルターもあります。

 

空気清浄機のフィルター価格は、おおよそ5,000円から10,000円ほどかかります。

これを高いと感じるか、安いと感じるかはひとそれぞれですが、ランニングコストがかかってきます。

 

とはいえ、10年間使用できると言われているフィルターが、本当に10年間ももつのか?

僕が今まで使用してきた中で言うと、「10年間ももちません」。

1年ごとフィルターをしっかりと確認するのですが、かなり汚れているのが現状です。

それを「もっと使えるよ」と言われても、交換した方がいいレベルです。

 

結局、何が言いたいかというと、「1年交換と10年交換のフィルターは、結局ほぼ同様な扱いで、1年に1度は交換するべき」ということです。

 

なので、この機種のフィルターは1年間で交換しないといけないから、ランニングコストがかかるのではなく、すべての機種が半年から1年で交換したときの場合を考慮して選びましょう。

【2021年版】空気清浄機 おすすめ12選「花粉やウイルス対策に」

それでは、おすすめの空気清浄機をご紹介していきたいと思います。

ご家庭にあった空気清浄機を第一に、デザインや自分が気に入ったものを選ぶようにしよう。

 

【SHARP】加湿空気清浄機「KI-NP100」

出典:amazon.co.jp

適用床面積:最大41畳
イオン:プラズマクラスターNEXT
加湿機能:○
フィルター寿命:10年(目安)

プラズマクラスターNEXTを搭載しており、花粉やウイルスにとても高い効果を発揮します。

プラズマクラスターの中で最も濃度が濃いプラズマクラスターNEXTを、部屋中に循環させるハイパワーな空気清浄機です。

 

また、フィルターを自動でお掃除してくれる自動掃除機能を搭載しているので、メンテナンスがとても簡単で楽にできます。

>>シャープの空気清浄機を詳しくみる

 

【バルミューダ】BALMUDA The Pure「A01A」

出典:amazon.co.jp

適用床面積:最大36畳
イオン:×
加湿機能:×
フィルター寿命:1年(目安)

デザイン性に優れているオシャレな空気清浄機です。

部屋中の空気を循環させるために、航空機で使用されているテクノロジーを採用しています。

そのため、威力は抜群で、部屋中の空気を循環させることが可能。

 

インテリアとしても優秀で、優しい光とキレイな空気をデザインした、こだわりの空気清浄機となっています。

>>BALMUDA The Pureを詳しくみる

 

【日立】空気清浄機「EP-VF500R」

【日立】空気清浄機「EP-VF500R」深沢

出典:amazon.co.jp

適用床面積:最大51畳
イオン:×
加湿機能:×
フィルター寿命:10年(目安)

世界的デザイナーの深澤直人氏がデザインされた空気清浄機だ。

とってもオシャレなデザインですが、もちろん機能面も優秀です。

 

適用床面積が51畳とかなり広い。

風量がしっかりと確保され、リビングから個室までカバーできる。

 

さらに、使い勝手もいい。

ダストセンサーとニオイセンサーにより、空気の汚れが目で確認できること、搭載されている脱臭フィルターとHEPAフィルターの寿命がパーセンテージで表示してくれる。

また、照度センサーも搭載されており、暗くなると自動で静かな運転に切り替えくれます。

>>EP-VF500Rを詳しくみる

 

【Dyson(ダイソン)】Dyson Pure Cool Me™ パーソナル空気清浄ファン「BP01」

出典:amazon.co.jp

適用床面積:最大7畳
イオン:×
加湿機能:×
フィルター寿命:1年(目安)

とてもコンパクトな設計で、1人部屋など個室にピッタリな空気清浄機となっています。

ダイソン独自のPM0.1までの微細な微粒子をしっかりとキャッチ。

部屋にこもって勉強や作業などをされる方におすすめです。

 

【ダイキン】加湿ストリーマ空気清浄機「MCK55X」

出典:amazon.co.jp

適用床面積:最大25畳
イオン:ストリーマ
加湿機能:○
フィルター寿命:10年(目安)

スリムなデザインと部屋に置いても邪魔にならない設計の空気清浄機。

機能も優秀でダイキンのストリーマを搭載しており、花粉などのアレル物質を分解してくれます。

 

また、4色のカラーリングから選ぶことができますので、自分の部屋にあったデザインが選べるところもいいですね。

>>ダイキンの空気清浄機を詳しくみる

 

【パナソニック】空気清浄機「F-VXS90」

出典:amazon.co.jp

適用床面積:最大40畳
イオン:ナノイーX
加湿機能:○
フィルター寿命:10年(目安)

日本アトピー協会から認証されている空気清浄機です。

パナソニック独自のナノイーXを搭載しており、花粉・ウイルス・ニオイにとても強い。

 

特に床上30cmの赤ちゃんの顔がくる領域に、微細な汚れを捕集できるような、空気の循環を作ってくれます。

また、スマホでお部屋の空気の清潔さを確認できるようにもなっています。

【ダイキン】UVストリーマ空気清浄機「ACB50X」

【ダイキン】UVストリーマ空気清浄機「ACB50X」

出典:amazon.co.jp

適用床面積:最大22畳
イオン:ストリーマ
加湿機能:×
フィルター寿命:1年(目安)

ダイキンから今までにない新しい空気清浄機が誕生した。

業界初の深紫外線LEDを搭載し、除菌スピードを従来よりも10倍も早めた。

菌だけでなく、ウイルスに対しても抑制効果があったと報告もある。

 

加湿機能をなくし、シンプルに空間をキレイにするための空気清浄機だ。

業務用としても推奨されており、オフィスや店舗などの人の出入りが多い場所に設置すると心強い。

【2021年版】空気清浄機 おすすめ12選「買ってよかった」と思える1台を

>>UVストリーマ空気清浄機を詳しくみる

 

【ブルーエア】空気清浄機 Classic 490i

出典:amazon.co.jp

適用床面積:最大33畳
イオン:○
加湿機能:×
フィルター寿命:半年(目安)

ブルーエアは、スウェーデンの空気清浄機専業メーカーで技術力がとても高いメーカーとなっています。

キレイな空気を作るナンバーワンとも呼ばれています。

 

0.1㎛もの有害物質まで除去できる技術を搭載しています。

子供部屋や寝室などお部屋に最適な空気清浄機です。

>>ブルーエアクラシックを詳しくみる

 

【ダイキン】加湿ストリーマ空気清浄機「MCK70W」

出典:amazon.co.jp

適用床面積:最大31畳
イオン:ストリーマ
加湿機能:○
フィルター寿命:10年(目安)

ダイキンの空気清浄機ハイグレードモデル。

ストリーマで空気中や空気清浄機内も清潔にでき、パワーも抜群です。

リビングなど少し広めの場所に設置するのがおすすめ。

 

また、スマートスピーカーにも対応しており、気温や湿度のお知らせもしてくれます。

>>ダイキンの空気清浄機を詳しくみる

 

【ダイソン】Dyson Pure Hot + Cool™ 空気清浄ファンヒーター「HP04WSN」

出典:amazon.co.jp

適用床面積:最大18畳
イオン:×
加湿機能:×
フィルター寿命:1年(目安)

空気清浄機としても扇風機、暖房器具にも1年を通して部屋の環境を快適にしてくれる最強の空気清浄機です。

360°どこからでも空気を吸い込むので、ムラができづらく、しっかりと部屋全体の空気を循環させることができます。

PM 0.1レベルの微細な粒子を99.95%以上除去できるのは、ダイソンとブルーエアだけ。

 

【ブルーエア】空気清浄機 Protect 7740i

【ブルーエア】空気清浄機 Protect 7740i

出典:amazon.co.jp

適用床面積:最大70畳
イオン:○(フィルターに吸着させるためのもの)
加湿機能:×
フィルター寿命:半年(目安)

ブルーエアの空気清浄機のハイエンドモデル。

フィルター性能は、他とは段違いで、0.03㎛以上の微粒子を99%除去することができます。

イオンとフィルターの技術で成し遂げられた高い除去性能を持っています。

 

「世界基準ナンバーワン」の理由は、清浄スピードにあり、1分間あたりに供給する「きれいな空気」を大量に作りあげる。

「短時間でお部屋をキレイにしたい」という方におすすめの空気清浄機です。

 

さらに、安心の5年保証がついている。

5年もの長い期間をしっかりと保証してくれるということは、それだけの自信がある空気清浄機だと言える。

>>ブルーエア プロテクトを詳しくみる

 

【コーウェイ】空気清浄機「エアメガ 400」

【コーウェイ】エアメガ400

COWAY(コーウェイ)のAIRMEGA 400(エアメガ)は、韓国のメーカーで韓国では非常に人気が強い。

風量が強く、部屋中の空気を循環させるだけのパワーをもっています。

 

また、フィルターが左右に2枚使用し、1度にしっかりと空気をキレイにしてくれる。

フィルターにコストがかかるが、それだけ満足できる空気清浄機です。

 

AIRMEGA 400は、デザインもバチバチにかっこいい。

国内メーカーとは違った高級感がある。

操作方法もおしゃれで、風量を調節するときは指でスライドして調整できる。

>>エアメガのレビューはこちら

スポンサーリンク

【まとめ】2021年版 おすすめの空気清浄機

ご参考になりましたでしょうか?

空気清浄機は予防のためで、病気になってからでは遅い。

できれば、早めのご購入を検討されるといいと思います。

 

小さなお子様がいる家庭や花粉でお困りの方は、特にです。

 

「健康で快適に暮らせる毎日を手に入れましょう」

 

以上、家電男児でした。

最後までご閲覧いただきありがとうございました。